[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 負債―社債

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

負債―社債

「負債―社債」のコンテンツ[全 6 件]

  1. 社債

    社債とは 【corporate bond】 社債の定義・意味・意義 社債とは、株式会社が、一般大衆から長期的かつ大量に資金調達するために発行する債権をいう。 そして、この社債権から生じる債務を管理する...
  2. 社債発行差金

    社債発行差金とは 社債発行差金の定義・意義・意味 社債発行差金とは、社債を割引発行した場合の、社債発行時の社債の額面金額(社債券面額 償還金額)と発行価額との差額を管理するための勘定科目をいう。 ...
  3. 社債発行費

    社債発行費とは、社債の発行のための費用を繰延資産として計上するための勘定科目をいう。
  4. 社債利息

    社債利息とは 社債利息とは社債権者に対して支払う利息を管理するための勘定科目をいう。 社債は株式とは異なり、他人資本、つまり借入金であるため、利息を支払う必要がある。 社債利息を一般の借入金利息と区...
  5. 社債発行差金償却

    社債発行差金償却とは 社債発行差金勘定の定義・意味・意義 社債発行差金(繰延資産)は、社債の償還期間に応じ、決算時に償却(月割計算)する必要があるが、社債発行差金償却とは、その償却額を管理するための勘...
  6. 社債発行費償却

    社債発行費償却とは 社債発行費償却勘定の定義・意味・意義 社債発行に要した諸費用は、原則として、それぞれに適した費用勘定(たとえば、消耗品費等)を使用して個別に費用処理をする。 ただし、これらの費用を...


関連コンテンツ



「負債―社債」の位置づけ

現在のカテゴリ:「負債―社債」の位置づけは以下のとおりです。

上のカテゴリ


前後のカテゴリ

プリバシーポリシー