新株予約権―ストックオプション - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

新株予約権―ストックオプション

ストックオプションとは 【stock option】

ストックオプションの定義・意味・意義

ストックオプションとは、新株予約権の一種として、会社の取締役などの役員や従業員等が、一定期間内(権利行使期間)に、あらかじめ決められた価格(権利行使価格)で、会社から自社株式を購入できる権利をいう。

ストックオプションは、報酬として、役員や従業員等に付与される。

その他、子会社役員や従業員、取引先にも付与できる。

ストックオプションの趣旨・目的・機能

株価が権利行使価格を上回った時点で権利を行使し、株式を売却すれば、キャピタルゲインを得ることができる。

したがって、株価が上がれば、従業員や役員が得られる利益も大きくなる。

そのため、ストックオプションは、社員の株価に対する意識を高めるといわれている。



カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「資金調達の方法―資本―新株予約権」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 新株予約権
  2. 新株予約権―ストックオプション

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:資金調達の方法―資本―新株予約権 の位置づけ

現在のカテゴリ:「資金調達の方法―資本―新株予約権」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー