事業―損益―利益―費用 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

事業―損益―利益―費用

費用とは 【expense

費用の定義・意味・意義

費用とは、会計上の概念であり、利益を獲得するために要した経費であり、損益取引による資本の減少をいう。

つまり、主たる営業活動やその他の活動(減資などの資本取引を除く)の結果としてもたらされる純資産の減少分である。

 

費用の位置づけ・体系

損益計算書は、企業個人事業主の1会計期間事業年度)における利益を明らかにするために作成する財務諸表決算書)である。

そして、損益計算書における利益は、次の計算式で算定・算出する。

利益 = 収益 - 費用(正確には、「費用(狭義)+損失」)

 

つまり、費用は、損益計算書利益計算の一要素である。

 

費用の構成内容(内訳)

費用は、仕入経費からなる。

費用 = 仕入(正確には売上原価) + 経費

 

費用に関する原則・基準

費用の認識基準

費用はこれをもらさずに認識するため、発生主義が適用される。

 

費用収益対応の原則

収益とこれを獲得するために要した費用を対応させて認識するという会計ルールを費用収益対応の原則という。

なお、費用収益対応の原則売上などに関して示したものが、経営分析損益分岐点の概念である。

 

費用と関係・関連する概念

反対概念
収益

費用に対比されるべき概念は、「収入」ではなく、「収益」である。

 

類似概念
損失

損益計算書利益計算の構造を説明する場合は、一般に費用という概念だけを用いることが多い。

しかし、正確には、費用と区別される損失という概念がある。

損失loss)とは、収益獲得に貢献しない単なる価値犠牲であり、費用と区別される。

具体的には、通常は発生しない特別・臨時の損失は、損益計算書上、特別損失といい、特別費用とはいわない。

 

費用の分類・種類

損益計算書上の分類・種類

 

工業簿記管理会計での分類・種類

費用は、工業簿記管理会計では、次の2つの種類に分類される。

 

 

費用会計簿記経理上の取り扱い

収益・費用の計上の取り扱い

 


| 現在のカテゴリ:基本概念 |

現在のカテゴリ:基本概念

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 14 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「基本概念」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 会社財産
  2. 事業
  3. 事業―損益
  4. 事業―損益―利益
  5. 事業―損益―利益―収益
  6. 事業―損益―利益―費用
  7. 事業―損益―利益―費用―分類―変動費
  8. 事業―損益―利益―費用―分類―固定費
  9. 事業―損益―利益―費用―内容―売上原価(仕入)
  10. 事業―損益―利益―費用―内容―経費(必要経費)
  11. 事業―損益―利益―費用―内容―経費(必要経費)―範囲・具体例
  12. 事業―損益―利益―費用―内容―経費(必要経費)―会計処理
  13. 事業―損益―損失
  14. 経理

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:基本概念 の位置づけ

現在のカテゴリ:「基本概念」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー