[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 節税ツール・節税アイテム

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

節税ツール・節税アイテム

「節税ツール・節税アイテム」カテゴリのコンテンツ

節税ツール・節税アイテム」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 5 ページあります。

  1. 経営セーフティ共済

    (複製)経営セーフティ共済とは、中小企業倒産防止共済法という法律に基づき、国が全額出資している共済制度で、取引先が倒産した場合、積み立てた掛金に応じて、回収困難な売掛金債権等の額以内の資金の貸付けが受けられる制度をいう。掛金を経費で落としながら、取引先の倒産リスクに備えるとともに、将来、掛金が全額戻ってくる(一定の条件あり)という貯蓄機能もある。
  2. 生命保険

    (複製)生命保険とは、人の生存または死亡という事由が発生した場合に、保険金受取人(被保険者とは異なる場合がある)に一定額の保険金(生命保険金)を支払うことを約し、保険料を収受する私的保険をいう。その本来の趣旨は、自分が死んだ場合の、家族など残された者の生活保障(遺族補償)のための保険、つまり、死亡保険である。ただし、生命保険には金融商品や節税ツールという側面もある
  3. 生命保険―養老保険

    (複製)養老保険とは、被保険者の死亡または保険金が満了した場合に死亡保険金または満期保険金(生存保険金)が支払われる生命保険をいう。「死亡保障のついた貯蓄商品」であることから、社員の福利厚生や退職金対策のために加入する会社も多く、特に逆養老は会社の節税対策として用いられている。
  4. 生命保険―養老保険―逆養老

    (複製)逆養老とは 逆養老の定義・意味・意義 逆養老(ぎゃくようろう)とは、死亡保険金の受取人が法人で、満期返戻金(満期保険金。または、満期に受け取ることができる解約返戻金)の受取人が被保険者である役員・従業...
  5. 請負契約

    (複製)請負とは、当事者の一方(請負人)がある仕事を完成させることを目的とし、他方(注文者)がその結果に対して報酬が支払われる契約をいう。従業員の納得が得られるのであれば、雇用契約から請負契約に切り替えることで、高い節税効果等を得られる。会社の業務の一部を外部の業者へ請負に出した場合の費用は外注費勘定で処理をする。


関連コンテンツ

「節税ツール・節税アイテム」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「節税ツール・節税アイテム」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー