[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 狭義の社会保険料―医療保険―後期高齢者医療制度

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

狭義の社会保険料―医療保険―後期高齢者医療制度

「狭義の社会保険料―医療保険―後期高齢者医療制度」カテゴリのコンテンツ

狭義の社会保険料―医療保険―後期高齢者医療制度」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 5 ページあります。

  1. 後期高齢者医療制度

    (複製)後期高齢者医療制度とは 後期高齢者医療制度の定義・意味・意義 後期高齢者医療制度(こうきこうれいしゃいりょうせいど)とは、健康保険や国民健康保険など他の公的医療保険制度とは独立した公的医療保険制度で、...
  2. 後期高齢者医療制度―保険料―後期高齢者医療保険料

    (複製)後期高齢者医療保険料 後期高齢者医療保険料の決定 後期高齢者医療保険料は、後期高齢者医療制度の運営主体である後期高齢者医療広域連合(都道府県ごとに設置され、各市区町村が加入する特別地方公共団体)が決定...
  3. 後期高齢者医療制度―保険料―後期高齢者医療保険料―徴収―普通徴収

    (複製)後期高齢者医療保険料の普通徴収とは 後期高齢者医療保険料の普通徴収の定義・意味・意義 後期高齢者医療保険料の普通徴収とは、後期高齢者医療保険料を市区町村から郵送されてくる納付書または口座振替によって納...
  4. 後期高齢者医療制度―医療費―自己負担割合

    (複製)後期高齢者医療制度の自己負担割合 原則として1割 後期高齢者医療制度の自己負担割合は原則として1割である。 つまり、かかった医療費の1割を医療機関の窓口で支払う。 ただし、現役並み所得者(現役並みの所...
  5. 後期高齢者医療制度―医療費―自己負担割合―例外―現役並み所得者

    (複製)現役並み所得者とは 現役並み所得者の定義・意味・意義 現役並み所得者とは、後期高齢者医療制度の被保険者のうち、現役並みの所得があるため、自己負担割合が3割とされる者をいう。 なお、後期高齢者医療制度の...


関連コンテンツ

「狭義の社会保険料―医療保険―後期高齢者医療制度」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「狭義の社会保険料―医療保険―後期高齢者医療制度」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー