[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 帳簿組織(記録・証拠)―記録―帳票

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



帳簿組織(記録・証拠)―記録―帳票

「帳簿組織(記録・証拠)―記録―帳票」カテゴリのコンテンツ

帳簿組織(記録・証拠)―記録―帳票」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 3 ページあります。

  1. 帳票

    (複製)帳票とは、帳簿(会計帳簿)と伝票の総称をいう。帳票は企業活動(会計取引)を記録(会計記録)するものである。帳簿のうち仕訳帳を基礎とした取引の記録システムを帳簿会計、伝票を基礎とした取引の記録システムを伝票会計と呼ぶ。
  2. 帳票―帳簿(会計帳簿)

    (複製)会計帳簿とは、会社の財産(資産・負債・資本)が増減する取引を、その原因(収益・費用)も含めてすべて記載した帳簿で、商法で規定されているものをいう。単に帳簿と呼ばれることもある。会計帳簿は貸借対照表や損益計算書といった決算書類の基礎となる。会計帳簿は、仕訳帳・総勘定元帳といった主要簿と、補助記入帳・補助元帳といった補助簿とに大別される。
  3. 帳票―伝票

    (複製)伝票とは、仕訳帳の代わりにすべての会計取引の仕訳を記録するために、一定の様式を備えた紙片をいう。伝票と仕訳帳は、仕訳の記録帳として同じ機能を持っており、伝票を作成しない企業では、仕訳帳を作成しなければならない。なお、帳簿のうち仕訳帳を基礎とした取引の記録システムを帳簿会計、伝票を基礎とした取引の記録システムを伝票会計と呼ぶ。



関連コンテンツ



「帳簿組織(記録・証拠)―記録―帳票」の位置づけ

現在のカテゴリ:「帳簿組織(記録・証拠)―記録―帳票」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー