帳票 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


帳票


(" 帳票 "から複製)

帳票とは

帳票の定義・意味・意義

帳票(ちょうひょう)とは、帳簿会計帳簿)と伝票の総称をいう。

帳票」の「帳」は帳簿を、そして「票」は伝票を意味する。

帳票の趣旨・目的・役割・機能

取引の記録システム

帳票企業活動(会計取引)を記録(会計記録)するものである。

帳簿のうち仕訳帳を基礎とした取引の記録システムを帳簿会計伝票を基礎とした取引の記録システムを伝票会計と呼ぶ。

帳票の関連概念

会計資料証憑

帳票が事実であることを証明する証拠書類を会計資料と呼ぶ。

なかでも領収書請求書など会社外部の第三者から入手された会計資料はとくに証憑という。

 




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「帳簿組織(記録・証拠)―記録―帳票」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 帳票
  2. 帳票―帳簿(会計帳簿)
  3. 帳票―伝票



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:帳簿組織(記録・証拠)―記録―帳票 の位置づけ

現在のカテゴリ:「帳簿組織(記録・証拠)―記録―帳票」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー