[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 会計基準―企業会計原則―損益計算書・貸借対照表の共通の原則

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

会計基準―企業会計原則―損益計算書・貸借対照表の共通の原則

「会計基準―企業会計原則―損益計算書・貸借対照表の共通の原則」カテゴリのコンテンツ

会計基準―企業会計原則―損益計算書・貸借対照表の共通の原則」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 2 ページあります。

  1. 総額主義の原則

    総額主義の原則とは、損益計算書と貸借対照表の表示は純額主義ではなく総額主義を原則とすることをいう。
  2. 区分表示(表示区分)

    区分表示とは、損益計算書においては、営業損益計算、経常損益計算、純損益計算等に区分して表示をし、貸借対照表においては、資産の部、負債の部、資本の部の3区分に分ち、さらに資産の部を流動資産、固定資産、繰延資産に、負債の部を流動負債、固定負債に区分して表示することをいう。


関連コンテンツ

「会計基準―企業会計原則―損益計算書・貸借対照表の共通の原則」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「会計基準―企業会計原則―損益計算書・貸借対照表の共通の原則」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー