[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 資産運用―生命保険

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



資産運用―生命保険

「資産運用―生命保険」カテゴリのコンテンツ

資産運用―生命保険」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 11 ページあります。

  1. 生命保険

    (複製)生命保険とは、人の生存または死亡という事由が発生した場合に、保険金受取人(被保険者とは異なる場合がある)に一定額の保険金(生命保険金)を支払うことを約し、保険料を収受する私的保険をいう。その本来の趣旨は、自分が死んだ場合の、家族など残された者の生活保障(遺族補償)のための保険、つまり、死亡保険である。ただし、生命保険には金融商品や節税ツールという側面もある
  2. 生命保険―使用・利用・活用方法や使い方のポイント・実務

    (複製)生命保険のポイント(使用・利用・活用方法や使い方) 原則―保険・福利厚生 生命保険は、「生命保険の趣旨・目的・役割・機能」で述べたように、本来は、貯蓄ではなく保険であり、掛け捨て型の商品である。 した...
  3. 生命保険―分類・種類

    (複製)生命保険の分類・種類 以下、生命保険の基本類型を示すが、実際にはまださまざまな組み合わせによるバリエーションやオプションがあり、複雑に金融商品化されている。 保険金を支払う事由による分類・種類 生命保...
  4. 生命保険―分類・種類―死亡保険

    (複製)死亡保険とは 死亡保険の定義・意味・意義 死亡保険とは、被保険者の死亡したときに限り、保険金が支払われる生命保険である。   死亡保険の趣旨・目的・機能・役割 死亡保険の目的・機能・役割は、自分が死ん...
  5. 生命保険―分類・種類―死亡保険―定期保険

    (複製)定期保険とは 定期保険の定義・意味・意義 定期保険とは、生命保険のうち死亡保険の一種で、被保険者が約定の保険期間内に※死亡したときに限り、保険金が支払われるという、本来の生命保険をいう。 ※死亡保険の...
  6. 生命保険―分類・種類―死亡保険―終身保険

    (複製)終身保険とは 終身保険の定義・意味・意義 終身保険とは、生命保険のうち死亡保険の一種で、保険期間を定めずに※、被保険者が死亡したときに限り、保険金が支払われる生命保険をいう。 ※死亡保険のうち、保険期...
  7. 生命保険―具体例―かんぽ生命

    (複製)かんぽ生命とは かんぽ生命の定義・意味・意義 かんぽ生命とは、株式会社かんぽ生命保険が取り扱う生命保険である。 旧日本郵政公社が販売していた簡易保険とほぼ同一である。   かんぽ生命の分類・種類 かん...
  8. 生命保険―制度内容―費用―生命保険料(生命保険の掛金)

    (複製)生命保険料とは 生命保険料の定義・意味・意義 生命保険料とは、生命保険において、保険契約者(保険加入者)が生命保険契約もとづき生命保険金の対価として生命保険会社に支払う保険料をいう。   生命保険料の...
  9. 生命保険―制度内容―収益―保険金

    (複製)生命保険金とは、保険者である生命保険会社が、被保険者の生存または死亡という事由が発生した場合に、生命保険契約にもとづき保険金受取人に保険給付として支払う保険金をいう。
  10. 生命保険―制度内容―収益―満期返戻金

    (複製)満期返戻金とは 満期返戻金の定義・意味・意義 満期返戻金(生命保険)とは、生命保険の積立部分・貯蓄部分につき、生命保険契約の満期が到来したことにより、生命保険会社(保険者)が保険契約者に支払う生命保険...
  11. 生命保険―制度内容―収益―解約返戻金

    (複製)解約返戻金とは 解約返戻金の定義・意味・意義 解約返戻金(生命保険)とは、保険者である生命保険会社が、生命保険契約の解約により、生命保険の貯蓄部分につき保険契約者に支払う金銭をいう。 解約返戻金の別名...



関連コンテンツ



「資産運用―生命保険」の位置づけ

現在のカテゴリ:「資産運用―生命保険」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー