[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 国民貸借対照表

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



国民貸借対照表

「国民貸借対照表」カテゴリのコンテンツ

国民貸借対照表」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 10 ページあります。

  1. 国民貸借対照表

    国民貸借対照表とは 国民貸借対照表の定義・意味・意義 国民貸借対照表とは、1国の経済全体における資産、負債、正味資産(国富)等といったストックの面を記録する勘定をいう。 国民貸借対照表の趣旨・目的・役...
  2. 国民貸借対照表―統計―国民経済計算確報―ストック編―統合勘定

    ストック編の統合勘定とは ストック編の統合勘定の定義・意味・意義 ストック編の統合勘定とは、国民経済全体の資産・負債の一時点の量を表す、国民経済計算確報のストック編における統合勘定をいう。 ストック編...
  3. 国民貸借対照表―統計―国民経済計算確報―ストック編―統合勘定―期末貸借対照表―正味資産

    正味資産とは 正味資産の定義・意味・意義 正味資産とは、1国の国民の資産(=「国民資産残高」)から負債(=「国民負債残高」)を差し引いたものをいう。   正味資産の趣旨・目的・役割・機能 国富 1国の...
  4. 国民貸借対照表―統計―国民経済計算確報―ストック編―統合勘定―期末貸借対照表―正味資産―国富

    (複製)国富とは 【national wealth】 国富の定義・意味・意義 国富とは、1国の国民がある時点で有する正味資産(資産-負債)(時価)をいう。 なお、ここにいう「資産」は国民経済計算でいえば国民資...
  5. 国民貸借対照表―統計―国民経済計算確報―ストック編―統合勘定―期末貸借対照表―正味資産―国富―対外純資産

    (複製)対外純資産とは 対外純資産の定義・意味・意義 対外純資産とは、日本の企業・個人投資家・政府等が海外に保有する資産=対外資産から対外負債を差し引いたものをいう。 対外純資産の趣旨・目的・役割・機能 対外...
  6. 国民貸借対照表―統計―国民経済計算確報―ストック編―統合勘定―期末貸借対照表―正味資産―国富―対外純資産―対外資産

    (複製)対外資産とは 対外資産の定義・意味・意義 対外資産とは、日本の国内の居住者が非居住者に対して有する、金銭的価値で評価でき、金銭の支払により履行を請求し得る資産をいう。 引用元:財務省サイト「本邦対外資...
  7. 国民貸借対照表―統計―国民経済計算確報―ストック編―統合勘定―期末貸借対照表―正味資産―国富―対外純資産―対外負債

    (複製)対外負債とは 対外負債の定義・意味・意義 対外負債とは、日本の国内の居住者が非居住者に対して有する、金銭的価値で評価でき、金銭の支払により履行し得る負債をいう。 引用元:財務省サイト「本邦対外資産負債...
  8. 国民貸借対照表―統計―国民経済計算確報―ストック編―付表―国民資産・負債残高

    国民資産・負債残高とは 国民資産・負債残高の定義・意味・意義 国民資産・負債残高とは、国民資産残高と国民負債残高の総称をいう。 国民経済計算のストック編の付表の一統計表のタイトル等の名称として「国民資...
  9. 国民貸借対照表―統計―国民経済計算確報―ストック編―付表―国民資産・負債残高―国民資産残高

    国民資産残高とは 国民資産残高の定義・意味・意義 国民資産残高とは、1国の国民がある時点で有する資産をいう。 国民資産残高の関係・関連する概念 反対概念・対概念 国民負債残高 国民資産残高の位置づけ・...
  10. 国民貸借対照表―統計―国民経済計算確報―ストック編―付表―国民資産・負債残高―国民負債残高

    国民負債残高とは 国民負債残高の定義・意味・意義 国民負債残高とは、1国の国民がある時点で有する負債をいう。 国民負債残高の範囲 株式 国民負債残高では株式を含む。 なお、本来、株式は会計上負債ではな...



関連コンテンツ



「国民貸借対照表」の位置づけ

現在のカテゴリ:「国民貸借対照表」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー