関税 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

関税



関税とは 【customs

関税の定義・意味など

関税(かんぜい)とは、広義では貿易のときにかかる税金をいう。

ただし、今日では一般に「輸入品に課される」(=輸入)として定義されている。

引用元:関サイト「関税のしくみ : 関 Japan Customs」 http://www.customs.go.jp/shiryo/kanzei_shikumi.htm

管理者注

関税の目的・役割・意義・機能・作用など

国内産業の保護

関税は国内産業を保護する目的で課せられている。

国家政収入の確保

関税が重要な政収入になっている国もある。

関税の分類・種類

関税は次の2つに大別される。

  1. 従量
  2. 従価

関税の位置づけ・体系(上位概念等)

付随費用

消費税商品等の代に関税等を加算した額に対して課されるため、関税も付随費用として取得原価に含める。

関税の

関税の徴収

関税は関で徴収する。

関税の率=関税率

関税の法的根拠・法律など

  • 関税法
  • 関税定率法
  • 関税暫定措置法
  • 条約



| 現在のカテゴリ:関税 |

現在のカテゴリ:関税

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「関税」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 関税
  2. 関税―関税率



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:関税 の位置づけ

現在のカテゴリ:「関税」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー