[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 帳票―伝票

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



帳票―伝票

「帳票―伝票」カテゴリのコンテンツ

帳票―伝票」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 12 ページあります。

  1. 伝票(会計票・会計伝票)

    伝票とは、仕訳帳の代わりにすべての会計取引の仕訳を記録するために、一定の様式を備えた紙片をいう。伝票と仕訳帳は、仕訳の記録帳として同じ機能を持っており、伝票を作成しない企業では、仕訳帳を作成しなければならない。なお、帳簿のうち仕訳帳を基礎とした取引の記録システムを帳簿会計、伝票を基礎とした取引の記録システムを伝票会計と呼ぶ。
  2. 伝票―伝票会計

    伝票会計とは 伝票会計の定義・意味・意義 伝票会計(でんぴょうかいけい)とは、伝票を基礎とした会計取引の記録システムをいう。 つまり、伝票会計にあっては、会計取引の仕訳を仕訳帳ではなく、伝票に記入する...
  3. 伝票の起票方法の種類―5伝票制

    5伝票制 5伝票制の定義・意味 5伝票制とは、伝票会計において、入金伝票、出金伝票、振替伝票に加え、仕入伝票、売上伝票という5種類の会計伝票を使用して、取引内容を記入する方法をいう。 この起票方法では...
  4. 伝票の起票方法の種類―3伝票制

    3伝票制 3伝票制の定義・意味 3伝票制とは、伝票会計において、入金伝票、出金伝票、振替伝票という3種類の会計伝票を使用して、取引内容を記入する方法をいう。 現金の入金取引は入金伝票に、現金の出金取引...
  5. 入金伝票

    入金伝票とは、伝票会計において、現金の入金取引を起票するための伝票をいう。入金伝票には、①日付②科目③金額④摘要などを記入する。
  6. 出金伝票

    出金伝票とは、伝票会計において、現金の出金取引を起票するための伝票をいう。出金伝票には、①日付②支払先③科目④金額⑤摘要などを記入する。なお、出金伝票は、交通費など領収証が発行されない場合に、領収書代わりに使用することもできる。
  7. 振替伝票

    振替伝票とは、伝票会計において、現金の入金・出金取引以外の取引を起票するための伝票をいう。つまり、仕訳の借方・貸方双方に現金が生じない取引が起票される。
  8. 売上伝票

    売上伝票とは、伝票会計(5伝票制)において、商品の売上取引を起票するための伝票をいう。売上伝票には、①日付②得意先名③金額などを記入する。
  9. 仕入伝票

    仕入伝票とは 仕入伝票の定義・意味 仕入伝票とは、伝票会計(5伝票制)において、商品の仕入れ取引を起票するための伝票をいう。 仕入伝票の類似概念 伝票会計で使用される伝票の種類としては、他に次のよう...
  10. 一部現金取引

    一部現金取引とは一部現金取引の定義・意味一部現金取引とは、伝票会計において、一部が入金または出金取引で、それ以外の部分が現金に関係しない取引(振替取引)となる取引をいう。つまり、仕訳をしたときに、借方...
  11. 一部現金取引の起票方法―集約方式

    集約方式とは 集約方式の定義・意味 集約方式とは、一部現金取引の起票方法の一つとして、取引の全体をいったん振替取引とみなして振替伝票に起票し、その後、この振替伝票の代金の一部に対して入金または出金がた...
  12. 一部現金取引の起票方法―分解方式

    分解方式とは 分解方式の定義・意味 分解方式とは、一部現金取引の起票方法の一つとして、取引を現金の増減に関する取引と現金の増減に関係しない取引とに単純に分解して、現金の増減に関する取引は入金伝票または...



関連コンテンツ



「帳票―伝票」の位置づけ

現在のカテゴリ:「帳票―伝票」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー