[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 資産運用―通貨

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

資産運用―通貨

「資産運用―通貨」カテゴリのコンテンツ

資産運用―通貨」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 6 ページあります。

  1. 外国為替

    外国為替とは 外国為替の定義 外国為替とは、通貨を異にする国際間の貿易や資本取引の際、現金を直接輸送することなく、為替手形などの信用手段によって決済する方法をいう。 なお、この為替手形自体を、外国為替...
  2. 外国為替―為替レート(外国為替相場)

    為替レートとは 為替レートの定義・意味・意義 為替レートとは、自国通貨と他国通貨との交換比率をいう。 為替レートの別名・別称・通称など 外国為替相場が為替レートの正式名称である。 また、単に為替相場と...
  3. 外国為替―為替レートの変動要因

    為替レートが変動する原因・理由・要因 為替レート変動の一般的原因・理由―需要と供給の法則 モノの価格は、需要と供給の法則により決定される。 1973年以降、為替レートを一定幅に固定する固定為替相場制(...
  4. 外国為替―為替レートの変動要因―具体例―円高・ドル安の場合

    円高とは 円高の定義・意味・意義 円高とは、円の対外的(国際的)な価値(つまり、購買力)が増大することをいう。 たとえば、1ドル=100円から、1ドル=80円になることが円高である。 逆に、この場合、...
  5. 外国為替―為替レートの変動要因―具体例―円安・ドル高の場合

    円安とは 円安の定義・意味・意義 円安とは、円の対外的(国際的)な価値(つまり、購買力)が下落することをいう。 たとえば、1ドル=100円から、1ドル=120円になることが円安である。 逆に、この場合...
  6. 外国為替―スワップ金利

    スワップ金利とは スワップ金利の定義(趣旨・目的・機能・役割) 通貨を異にする国際間で貿易や資本取引を行う際は、自国通貨と他国通貨を交換する必要がある。 その交換比率が為替レート(外国為替相場)である...


関連コンテンツ

「資産運用―通貨」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「資産運用―通貨」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー