[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 決算整理―各論―期末商品の評価

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

決算整理―各論―期末商品の評価

「決算整理―各論―期末商品の評価」カテゴリのコンテンツ

決算整理―各論―期末商品の評価」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 7 ページあります。

  1. 期末商品の評価

    期末商品の評価とは 期末商品の評価の定義・意味・意義 期末商品の評価とは、決算時において、決算整理事項の一つとして、帳簿上の期末棚卸高を実地上の期末棚卸高に修正する処理を行う。   期末商品...
  2. 期末商品の評価―商品の数量の再評価―棚卸減耗

    棚卸減耗とは 棚卸減耗の定義・意味・意義 商品の在庫数量には、次の2つの種類がある。 帳簿棚卸数量…帳簿(商品有高帳)に記録に基づいて算定・算出される在庫数量 実地棚卸数量&hellip...
  3. 期末商品の評価―商品の価値の再評価―棚卸資産の評価基準

    (複製)棚卸資産の評価基準とは 棚卸資産の評価基準の定義・意味・意義 必要経費に算入する売上原価等の算定のためには、費用収益対応の原則から、いつ(日付)、いくらで(単価)、どれだけ(数量)仕入れた・購入した商...
  4. 期末商品の評価―商品の価値の再評価―棚卸資産の評価基準―低価法

    低価法とは 低価法の定義・意味・意義 低価法とは、期末における商品(棚卸資産)の取得原価と時価とを比較し、いずれか低い方の価額を期末商品(棚卸資産)の貸借対照表価額とする棚卸資産の評価基準をいう。 企...
  5. 期末商品の評価―商品の価値の再評価―棚卸資産の評価基準―低価法―方式―洗替法(洗替え法・洗い替え方式・洗替え方式・洗替方式)

    洗替法とは、決算整理において、期末商品の評価で低価法を適用する場合と貸倒引当金の設定を行う場合の会計処理方法のひとつである。
  6. 期末商品の評価―商品の価値の再評価―棚卸資産の評価基準―低価法―方式―切放法(切放し法・切り放し方式・切放し方式・切放方式)

    切放法とは 切放法の定義・意味・意義 切放法とは、棚卸資産の評価基準である低価法の一つの方式をいう。 低価法の一つなので、商品の時価が、原価(つまり、取得原価・帳簿価額)より低い場合には、時価で商品を...
  7. 期末商品の評価―商品の価値の再評価―棚卸資産の評価基準―低価法―法人税法上の取り扱い

    低価法の法人税法上の取り扱い 原則―原価法 会計上は、低価法が強制適用されることとなったが、税務上は、原価法を法定評価基準とする。 つまり、法人税法では、単なる物価変動等による価値の減少については、こ...


関連コンテンツ

「決算整理―各論―期末商品の評価」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「決算整理―各論―期末商品の評価」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー