[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 決算整理―総論―費用(必要経費・損金)の整理

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

決算整理―総論―費用(必要経費・損金)の整理

「決算整理―総論―費用(必要経費・損金)の整理」カテゴリのコンテンツ

決算整理―総論―費用(必要経費・損金)の整理」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 6 ページあります。

  1. 費用(会計)

    (複製)費用とは 【expense】 費用の定義・意味・意義 費用とは、会計上の概念であり、利益を獲得するために要した経費であり、損益取引による資本の減少をいう。 つまり、主たる営業活動やその他の活動(減資な...
  2. 費用(会計)―必要経費(所得税法)

    (複製)必要経費とは 必要経費の定義・意味・概念 必要経費とは、所得を得るための特定の経済活動と直接の関連を有し、それを行うために、客観的にみて必要な支出をいいます。 つまり、収入を得るために必要な費用です。...
  3. 費用(会計)―必要経費の整理(所得税法)

    必要経費の整理 必要経費とは、所得税法上は、①売上原価②販売費及び一般管理費等③減価償却費の総称である。 なお、会計上は「費用=①売上原価②経費(必要経費)」として論じられることがあるが、ここでは税法...
  4. 費用(会計)―損金(法人税法)

    (複製)損金とは 損金の定義・意味・意義 損金(そんきん)とは、法人税法特有の用語で、法人税法上の課税所得を算出するために、会計上(決算書上)の費用をベースにしながらも、これに所定の調整(=申告調整)を加えた...
  5. 費用(会計)―損金(法人税法)―範囲

    (複製)損金の範囲 益金から損金を差し引くことで、法人税の課税対象となる所得金額が算出される。 そして、この所得金額の計算上、損金の額に算入される金額は、別段の定めのあるものを除き、次の3つとされている。 売...
  6. 費用(会計)―損金(法人税法)―範囲―確定債務

    (複製)確定債務とは 【firm debt】 確定債務の定義・意味・意義 確定債務とは、一般に、支払い期日・期限、金額、相手方のすべてが確定しており、支払うべきことが確定しているが、まだ支払われていない債務を...


関連コンテンツ

「決算整理―総論―費用(必要経費・損金)の整理」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「決算整理―総論―費用(必要経費・損金)の整理」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー