[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 投資信託―分類―運用方法による分類―アクティブファンド

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

投資信託―分類―運用方法による分類―アクティブファンド

「投資信託―分類―運用方法による分類―アクティブファンド」カテゴリのコンテンツ

投資信託―分類―運用方法による分類―アクティブファンド」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 8 ページあります。

  1. 投資信託―分類―運用方法による分類―アクティブファンド

    アクティブファンドとは アクティブファンドの定義・意味・意義 アクティブファンドとは、ファンドマネージャー(ファンドマネジャー)が投資先を選択し、特定の市場平均(指数(インデックス))をベンチマークと...
  2. 投資信託―分類―運用方法による分類―アクティブファンド―仕組み―ファンドマネージャー(ファンドマネジャー)

    ファンドマネージャーとは ファンドマネージャーの定義・意味・意義 機械的に市場平均(=インデックス(日経225やTOPIXなど))に連動して運用されるインデックスファンドとは異なり、アクティブファンド...
  3. 投資信託―分類―運用方法による分類―アクティブファンド―仕組み―ベンチマーク

    ベンチマークとは ベンチマークの定義・意味・意義 機械的に市場平均(=インデックス)※に連動して運用されるインデックスファンドとは異なり、アクティブファンドでは、ファンドマネージャーが投資先を選択し、...
  4. 投資信託―分類―運用方法による分類―アクティブファンド―分類―グロース型

    グロース型とは グロース型の定義・意味・意義 グロース型とは、アクティブファンドにおいて、その株式投資信託の運用方法・手法の一つとして、企業の「成長性」に着目して銘柄を選択するというタイプの投資信託を...
  5. 投資信託―分類―運用方法による分類―アクティブファンド―分類―バリュー型

    バリュー型とは バリュー型の定義・意味・意義 バリュー型とは、アクティブファンドにおいて、その株式投資信託の運用方法・手法の一つとして、企業の「割安さ」に着目して銘柄を選択するというタイプの投資信託を...
  6. 投資信託―分類―運用方法による分類―アクティブファンド―分類―大型株ファンド

    大型株ファンドとは 大型株ファンドの定義・意味・意義 大型株ファンドとは、株式の時価総額に着目した株式投資信託の分類で、時価総額が大きい大型株に投資する投信をいう。 2010年(平成22年)3月18日...
  7. 投資信託―分類―運用方法による分類―アクティブファンド―分類―低位株ファンド

    低位株ファンドとは 低位株ファンドの定義・意味・意義 低位株ファンドとは、低位株、つまり、値段が安い株に投資する株式投資信託をいう。 ただし、「値段の安さ」の明確な基準があるわけではない。 また、投資...
  8. 投資信託―分類―運用方法による分類―アクティブファンド ―分類―ファンド・オブ・ファンズ(ファンドオブファンズ)

    ファンド・オブ・ファンズ(ファンドオブファンズ)とは ファンド・オブ・ファンズの定義・意味・意義 ファンド・オブ・ファンズとは、投資対象が他の投資信託である投資信託をいう。 ファンド・オブ・ファンズの...


関連コンテンツ

「投資信託―分類―運用方法による分類―アクティブファンド」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「投資信託―分類―運用方法による分類―アクティブファンド」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー