[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 簿記―仕訳

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

簿記―仕訳

「簿記―仕訳」カテゴリのコンテンツ

簿記の主要部分を占める仕訳(①勘定科目の決定(会計取引の分類)②借方・貸方の決定)について取り扱う。また、仕訳の分類などについても取り扱う。


簿記―仕訳」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 17 ページあります。

  1. 仕訳

    仕訳とは 【journalizing】 仕訳の定義・意味・意義 仕訳とは、簿記において、取引を、文章ではなく、借方と貸方の2つの要素に分解したうえ(→取引の二重性)、それぞれ勘定科目と金額(...
  2. 仕訳―複式簿記の本質―①取引の二重性(借方と貸方。原因と結果)

    (複製)取引の二重性とは、複式簿記の対象となる取引は必ず借方に記載される要素と貸方に記載される要素の両方が含まれていることをいう。
  3. 仕訳―複式簿記の本質―②貸借平均の原則(同一金額)

    (複製)借平均の原則とは、複式簿記の仕訳における借方と貸方の均衡性・平衡性、つまり、貸借対照表と損益計算書のすべての勘定を通じて、ひとつの取引について借方に記入された金額の合計と貸方に記入された金額の合計は必ず一致するという原則をいう。
  4. 仕訳―書式・様式―摘要

    摘要とは 摘要の定義・意味・意義 摘要とは、仕訳において、取引先(支払先等)と、具体的な取引内容等を簡単に記載するための項目をいう。 摘要の趣旨・目的・役割・機能(位置づけ・体系) 仕訳においては、い...
  5. 仕訳―種類―貸借反対仕訳(反対仕訳・逆仕訳・取消仕訳)

    貸借反対仕訳とは、過去に行った仕訳の借方・貸方を反対にして記録する仕訳をいう。
  6. 仕訳―種類―振替仕訳

    振替仕訳とは 振替仕訳の定義・意味・意義 ある勘定の借方または貸方の金額を減少させて、他の勘定の借方または貸方の金額を増加させるというように、勘定間で金額を移動させることを振替(「振り替える」)という...
  7. 仕訳―種類―再振替仕訳

    再振替仕訳とは 再振替仕訳の定義・意味・意義 再振替仕訳とは、前期末に行われた経過勘定項目(前払費用・未払費用・前受収益・未収収益)に関する決算整理仕訳(費用の繰延・費用の見越・収益の繰延・収益の見越...
  8. 仕訳―種類―修正仕訳

    修正仕訳とは 修正仕訳の定義・意味・意義 たとえば、現金の帳簿残高(現金勘定)と実際有高(手元の現金残高)が一致しない場合、一時的な仮の勘定科目として現金過不足勘定が使用される。そして、後日、原因が判...
  9. 仕訳―種類―訂正仕訳

    訂正仕訳とは 訂正仕訳の定義・意味・意義 訂正仕訳とは、間違った仕訳を訂正する仕訳をいう。 訂正仕訳の方法・手段・仕方 実務上は、赤で二重線を引き、訂正するが、簿記検定では、誤った仕訳はそのまま残して...
  10. 仕訳―種類―単純仕訳と複合仕訳―単純仕訳(単一仕訳)

    単純仕訳とは 単純仕訳の定義・意味・意義 単純仕訳とは、2つの勘定科目を使用した1対1の仕訳をいう。 そのため、場合によっては、取引を分解して1行づつ仕訳をすることになる。 なお、仕訳は、すべて単純仕...
  11. 仕訳―種類―単純仕訳と複合仕訳―複合仕訳

    複合仕訳とは 複合仕訳の定義・意味・意義 複合仕訳とは、1つの取引について3つ以上の勘定科目を使用した、1対多または多対多の仕訳をいう。 複合仕訳と関係・関連する概念 対概念 単純仕訳 複合仕訳に対し...
  12. 仕訳―種類―決算仕訳

    決算仕訳とは 【closing entry】 決算仕訳の定義・意味・意義 決算仕訳とは、決算時に正確な決算書を作成するために行われる仕訳をいう。 決算仕訳の分類・種類 決算仕訳には次のような種類が...
  13. 仕訳―種類―決算仕訳―決算整理仕訳(決算修正仕訳)

    決算整理仕訳とは、決算整理のために行う仕訳をいい、決算修正仕訳とも呼ばれる。その内容は各勘定残高の修正仕訳である。期間損益計算の観点からは、その総勘定元帳の各残高が正しい期末の資産・負債・純資産(資本)の金額および当期の収益・費用を金額を表示しているとは限らない。そこで、資産・負債・収益・費用の金額を修正する作業である決算整理が必要となる。この決算整理のために行われる仕訳が決算整理仕訳である。
  14. 仕訳―種類―決算仕訳―決算振替仕訳

    決算振替仕訳とは 決算振替仕訳の定義・意味・意義 決算振替仕訳とは、決算本手続きで帳簿決算をするために、収益・費用の諸勘定から資本金に振り替えるための仕訳をいう。 具体的には、損益勘定という架空の集計...
  15. 仕訳―種類―決算仕訳―決算振替仕訳―損益振替仕訳

    損益振替仕訳とは 損益振替仕訳の定義・意味・意義 損益振替仕訳とは、損益勘定という架空の集計勘定を用いて、収益と費用の諸勘定の残高を0にする仕訳をいう。 損益振替仕訳の<$MTGetVar na...
  16. 仕訳―種類―決算仕訳―決算振替仕訳―資本振替仕訳

    資本振替仕訳とは 資本振替仕訳の定義・意味・意義 資本振替仕訳とは、損益勘定という架空の集計勘定の貸方と借方の差額としてあらわされる当期純利益(または当期純損失)を、資本金に加算または減算する仕訳をい...
  17. 仕訳―種類―決算仕訳―開始仕訳

    開始仕訳とは 開始仕訳の定義・意味・意義 開始仕訳とは、帳簿決算で大陸式決算法を採用している場合、資産・負債・資本の諸勘定について決算残高勘定を用いて行った決算振替仕訳の逆仕訳をいう。 翌期首に行われ...


関連コンテンツ

「簿記―仕訳」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「簿記―仕訳」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー