[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 基本概念

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

基本概念

「基本概念」カテゴリのコンテンツ

基本概念」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 14 ページあります。

  1. 会社財産

    会社財産とは、会社の日常の営業活動により日々刻々変動する現実的な会社の資産をいう。
  2. 事業

    事業とは、一般的には、利益を目的とする経済活動をいう。所得税法上、事業について直接定義した規定はないが、判例では、自己の計算と危険において独立して営まれ、営利性、有償性を有し、かつ、反復継続して遂行する意思と社会的地位とが客観的に認められる業務をいうものとされている。また、通達でも、事業と業務を区分して、「社会通念上事業と称するに至る程度の規模」「通常の生活費を賄うことができる程度の規模」の業務が事業とされている。
  3. 事業―損益

    損益とは、損失と利益の総称で、収益の額から費用の額を差し引いた額をいう。
  4. 事業―損益―利益

    利益とは 利益の定義・意味・意義 資本主義とは、貨幣に代表される資本(つまり、財産)を元手として、事業(市場経済)に投下して資本を自己増殖させる仕組みである。 利益とは、この資本の増加部分をいい、まさ...
  5. 事業―損益―利益―収益

    収益とは 収益の定義・意味・意義 収益とは、会計上の概念であり、損益取引による資本の増加をいう。 つまり、主たる営業活動やその他の活動(減資などの資本取引を除く)の結果としてもたらされる純資産の増加分...
  6. 事業―損益―利益―費用

    費用とは 【expense】 費用の定義・意味・意義 費用とは、会計上の概念であり、利益を獲得するために要した経費であり、損益取引による資本の減少をいう。 つまり、主たる営業活動やその他の活動(減資な...
  7. 事業―損益―利益―費用―分類―変動費

    変動費とは 変動費の定義・意味・意義 変動費とは、決算書の損益計算書の費用のうち、売上高や工場の操業度の増減に伴って、一定の比率で比例的に変動する費用・経費をいう。   変動費の具体例 変動...
  8. 事業―損益―利益―費用―分類―固定費

    固定費とは 固定費の定義・意味・意義 固定費とは、決算書の損益計算書の費用のうち、売上高や工場の操業度の増減には無関係に常に一定額発生する費用をいう。   固定費の具体例 固定費の代表例とし...
  9. 事業―損益―利益―費用―内容―売上原価(仕入)

    (複製)売上原価とは、損益計算書の区分表示のひとつで、商品・製品・サービスの販売・製造のための費用であり、売上高に対応する商品等の仕入原価・製造原価・役務原価をいう。
  10. 事業―損益―利益―費用―内容―経費(必要経費)

    経費とは 【expense】 経費の定義・意味・意義 経費は会計上の経費と、税務上の経費があり、両者の定義は若干異なる。 そのため、会計上、経費処理(費用処理)をしても、税務上、経費としては認められな...
  11. 事業―損益―利益―費用―内容―経費(必要経費)―範囲・具体例

    経費の範囲・具体例 経費の範囲 原則 上述のように経費として認められるか否かは、税金の関係で大きな意味を持つ。 そこで、どこからどこまでが経費として認められるのか、経費の範囲の判断基準が問題となる。 ...
  12. 事業―損益―利益―費用―内容―経費(必要経費)―会計処理

    経費の会計・簿記・経理上の取り扱い 費用の認識基準(期間帰属・費用の計上時期) 原則―発生主義 経費も費用のひとつとして費用収益対応の原則から発生主義による記帳が原則である。   例外―現金...
  13. 事業―損益―損失

    損失とは、マイナスの損益をいう。また、特に収益獲得に貢献しない費用(狭義の費用。単なる価値犠牲)を指して損失という。
  14. 経理

    経理とは 経理の定義・意味・意義会計は、簿記という技術により、貨幣によって企業活動を記録して、その成果である利益を計算して決算書を作成することで、企業の財政状態(資産)と経営成績(損益)を明らかにし、...


関連コンテンツ

「基本概念」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「基本概念」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー