[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 工業簿記―原価要素

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

工業簿記―原価要素

「工業簿記―原価要素」カテゴリのコンテンツ

工業簿記―原価要素」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 13 ページあります。

  1. 原価

    原価とは 原価の定義・意味・意義 製造業では、販売価格を決定したり、財務諸表を作成するための前提として、まず製品の原価を決定する必要があるが、原価とは、製品1単位の製造に必要な原材料、労働力などの費用...
  2. 原価の構成要素―原価要素

    原価要素とは 原価要素の定義・意味 原価要素とは、原価を構成する要素というくらいの意味である。 ところで、工業簿記における原価には次の2つの種類がある。 製造原価 総原価 ...
  3. 原価の分類・種類―製造原価

    製造原価とは、製品を製造するために要した費用をいう。
  4. 製造原価の形態別分類―材料費(原材料費)

    材料費とは 材料費の定義・意味・意義 材料費とは、製造のために消費される費用である製造費用のうち、物品の消費によって発生する原価をいう。 材料費の別名材料費は、原材料費ともいう。 ...
  5. 製造原価の形態別分類―労務費

    労務費とは労務費の定義・意味労務費とは、製造のために消費される費用である製造費用のうち、労働力の消費によって発生する原価をいう。 労務費の位置づけ製造のために消費される費用である製造費用の一...
  6. 製造原価の形態別分類―労務費―賃金

    賃金とは賃金の定義・意味賃金とは、工員などの作業員に支払われる報酬をいう。 賃金の範囲・具体例(内訳明細)賃金は、残業手当や各種の割増手当を含む。 賃金の位置づけ製造のために消費さ...
  7. 製造原価の形態別分類―経費(工業簿記)

    経費(工業簿記)とは 経費(工業簿記)の定義・意味 経費(工業簿記)とは、製造のために消費される費用である製造費用のうち、材料費・労働力の消費以外の原価要素の消費によって発生する原価をいう。 &nbs...
  8. 製造原価の形態別分類―経費―外注加工費

    外注加工費とは、製造業や建設業で、材料を供給して、製造工程や工事の一部を他の会社に委託する際に発生する費用(下請工賃や加工賃)を管理するための勘定科目をいう。
  9. 製造原価の製品との関連における分類―製造直接費

    製造直接費とは 製造直接費の定義・意味 製品を製造するために要した費用を製造費用というが、製造費用は、製造原価が特定の製品の原価に関わったものとして直接認識できるか否かという観点から分類することができ...
  10. 製造原価の製品との関連における分類―製造間接費

    製造間接費とは 製造間接費の定義・意味 製品を製造するために要した費用を製造費用というが、製造費用は、製造原価が特定の製品の原価に関わったものとして直接認識できるか否かという観点から分類することができ...
  11. 原価の分類・種類―総原価

    総原価とは 総原価の定義・意味・意義 工業簿記では、製品の原価を決定するために、原価計算を行う必要があるが、原価には次の2つの種類がある。 製造原価 総原価   このうち...
  12. 原価の分類・種類―標準原価

    標準原価とは 【standard cost】 標準原価の定義・意味・意義 製品1単位の製造に必要な原材料、労働力などの費用を貨幣価値で表したものを原価というが、原価は実際原価と標準原価とに分類すること...
  13. 原価の分類・種類―実際原価

    実際原価とは 【actual cost】 実際原価の定義・意味・意義製品1単位の製造に必要な原材料、労働力などの費用を貨幣価値で表したものを原価というが、原価は実際原価と標準原価とに分類することもでき...


関連コンテンツ

「工業簿記―原価要素」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「工業簿記―原価要素」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー