[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 決算整理―総論―収益(収入金額・益金)の整理

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



決算整理―総論―収益(収入金額・益金)の整理

「決算整理―総論―収益(収入金額・益金)の整理」カテゴリのコンテンツ

決算整理―総論―収益(収入金額・益金)の整理」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 5 ページあります。

  1. 収益(会計)

    (複製)収益とは 収益の定義・意味・意義 収益とは、会計上の概念であり、損益取引による資本の増加をいう。 つまり、主たる営業活動やその他の活動(減資などの資本取引を除く)の結果としてもたらされる純資産の増加分...
  2. 収益(会計)―収入金額(所得税法)

    収入金額とは 収入金額の定義・意味・意義 所得税法上、収入金額とは、必要経費を差し引く前の、金銭等によるすべての収入の額をいう。 会計上の収益に相当するものを所得税法では収入金額という。 なお、法人税...
  3. 収益(会計)―収入金額―範囲―自家消費(家事消費)(所得税法)

    (複製)自家消費とは、商品などの棚卸資産等を家事のために(事業のためではなく個人用途で)消費することをいい、家事消費ともいう。自家消費したときは、所得税法上、総収入金額に算入することとされているため、売上などの収益勘定の貸方に記帳する。その相手科目は事業主貸勘定を使用する。
  4. 収益(会計)―収入金額の整理(所得税法)

    収入金額の整理 所得税法では、課税対象としての所得の金額は、原則として収入金額(会計上の収益に相当)から必要経費を控除することで計算される。 所得金額 = 収入金額 - 必要経費(売上原価を含む) た...
  5. 収益(会計)―益金(法人税法)

    (複製)益金とは 益金の定義・意味・意義 益金とは、法人税法特有の用語で、法人税法上の課税所得を算出するために、会計上(決算書上)の収益をベースにしながらも、これに所定の調整(=申告調整)を加えたものをいいま...



関連コンテンツ



「決算整理―総論―収益(収入金額・益金)の整理」の位置づけ

現在のカテゴリ:「決算整理―総論―収益(収入金額・益金)の整理」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー