[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 経済体制―資本主義―資本

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

経済体制―資本主義―資本

「経済体制―資本主義―資本」カテゴリのコンテンツ

経済体制―資本主義―資本」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 9 ページあります。

  1. 資本

    資本には、経済学上、法律上、会計上の概念がある。
  2. 資本―経済学上の資本―分類・種類①―人的資本

    人的資本とは 【human capital】 人的資本の定義・意味・意義 人的資本とは、働く能力(稼ぐ能力)である労働力を資本としてとらえた経済学上の概念である。 人的資本の位置づけ経済学上...
  3. 資本―経済学上の資本―分類・種類②―自己資本

    自己資本とは、内部で資金調達した自前の事業資金をいう。
  4. 資本―経済学上の資本―分類・種類②―他人資本

    他人資本とは 【borrowed capital】 他人資本の定義・意味・意義 他人資本とは、企業が、社債の発行による直接金融や金融機関からの借入れによる間接金融の方法で、外部から資金調達した資金をい...
  5. 資本―法律上の資本―資本の三原則

    資本の三原則とは 資本の三原則の定義・意味・意義 資本の三原則とは、資本に本質的に要請される、次の3つの原則をいう。資本充実の原則資本維持の原則資本不変の原則なお、昭和25年の商法改正前までは、資本確...
  6. 資本―法律上の資本―資本の三原則―資本充実の原則

    資本充実の原則とは 資本充実の原則の定義・意味・意義 資本充実の原則とは、資本の額に相当する財産が現実に会社に拠出されなければならないという原則をいう。 資本充実の原則の位置づけ 法学上、資...
  7. 資本―法律上の資本―資本の三原則―資本維持の原則

    資本維持の原則とは、資本充実の原則により株主の出資によって現実に拠出された資本の額に相当する財産は、会社に維持・保有されなければならないという原則をいう。
  8. 資本―法律上の資本―資本の三原則―資本不変の原則

    資本不変の原則とは 資本不変の原則の定義・意味・意義 資本不変の原則とは、一般には、「いったん定められた資本は自由に減少してはならないという原則」として定義づけられる。 ただし、資本不変の原則は、資本...
  9. 資本―法律上の資本―資本の三原則―資本確定の原則

    資本確定の原則とは 資本確定の原則の定義・意味・意義 資本確定の原則とは、会社の設立または資本の増加には、定款所定の資本額にあたる株式が引き受けられ、それにつき出資者が確定することを要するとする原則を...


関連コンテンツ

「経済体制―資本主義―資本」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「経済体制―資本主義―資本」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー