[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): マクロ経済―金融―金融市場―役割―資金調達と資産運用

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

マクロ経済―金融―金融市場―役割―資金調達と資産運用

「マクロ経済―金融―金融市場―役割―資金調達と資産運用」カテゴリのコンテンツ

マクロ経済―金融―金融市場―役割―資金調達と資産運用」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 7 ページあります。

  1. 金融―金融市場―機能―資金調達

    (複製)資金調達とは、企業や家計が必要な資金を調達することをいう。資金調達には①自己金融②直接金融(資本による資金調達)③間接金融(負債による資金調達)という3つの方法がある。
  2. 金融市場―機能―資金調達―資金調達方法―自己金融

    自己金融とは自己金融の定義・意味・意義自己金融とは、企業が社内留保(内部留保)資金や減価償却資金などの内部資金を取り崩して資金調達することをいう。自己金融の位置づけ貨幣が国民経済の経済主体のあいだを血...
  3. 金融市場―機能―資金調達―資金調達方法―直接金融

    直接金融とは 直接金融の定義・意味・意義 直接金融とは、企業が金融機関を通さず、家計から直接的に外部資金を調達することをいう。 直接金融の位置づけ・体系 貨幣が国民経済の経済主体のあいだを血液のように...
  4. 金融市場―機能―資金調達―資金調達方法―直接金融―証券化商品

    証券化商品とは 証券化商品の定義・意味・意義 証券化商品とは、金融機関や企業が、自己勘定(自己資金)で購入して保有している金融資産(金銭債権、株式、公社債(債券)など)や不動産などの資産を原料として、...
  5. 金融市場―機能―資金調達―資金調達方法―間接金融

    間接金融とは 間接金融の定義・意味・意義 間接金融とは、企業が金融機関を介して家計から間接的に外部資金を調達すること(必要な資金が金融機関を介して間接的に供給されるという金融の方法)をいう。 間接金融...
  6. 金融市場―機能―資金調達―資金調達方法―間接金融―コマーシャルペーパー

    コマーシャルペーパーとは 【Commercial Paper】 コマーシャルペーパーの定義・意味・意義 コマーシャルペーパーとは、上場企業などの信用状態のよい有名大企業が、資金調達を目的として、一般投...
  7. 金融市場―機能―資産運用

    (複製)資産運用とは、家計や企業がお金を金融資産に貯蓄または投資(広義)することをいう。資金が余ったところから資金が必要なところへ資金の融通を図ること(貸し借り)を金融というが、その貸す側面が資産運用である。これに対して、借りる側面を資金調達という。なお、経済学的には、たとえば株式の売買などは投資(狭義)ではなく、資産運用ということになる。


関連コンテンツ

「マクロ経済―金融―金融市場―役割―資金調達と資産運用」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「マクロ経済―金融―金融市場―役割―資金調達と資産運用」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー