役務収益 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



役務収益

役務収益とは

役務収益の定義・意味

役務収益とは、役務の提供による営業収益を管理するための勘定科目をいう。

例えば、サービス業などでは、売上高勘定ではなく、役務収益勘定を用いて収益を管理するのが一般的である。

なお、業種によっては特有の科目を使用する場合があり、建設業では完成工事高勘定を使用する。

役務収益に関する制度会計

企業会計原則の規定

企業会計原則では、次のような規定がある。

企業商品等の販売と役務の給付とをともに主たる営業とする場合には、商品等の売上高役務による営業収益とは、これを区別して記載する(企業会計原則)。



| 現在のカテゴリ:サービス業 |

現在のカテゴリ:サービス業

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「サービス業」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 役務収益
  2. 役務原価

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:サービス業 の位置づけ

現在のカテゴリ:「サービス業」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー