[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 損益計算書の区分表示と表示科目

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

損益計算書の区分表示と表示科目

「損益計算書の区分表示と表示科目」カテゴリのコンテンツ

損益計算書の区分表示と表示科目」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 26 ページあります。

  1. 損益計算書―基本―収益・費用の計上

    中小企業の会計に関する指針「中小企業の会計に関する指針」では、収益・費用の計上の取り扱いについて、以下のような内容を定めている。収益と費用の計上に関する一般原則1.費用収益対応の原則企業の経営成績を明...
  2. 損益計算書―基本―段階利益

    段階利益(だんかいりえき)とは、損益計算書の区分表示で段階的に計算される①売上総利益②営業利益③経常利益④税引前当期純利益⑤当期純利益の5つの利益をいう。
  3. 損益計算書―経常損益

    経常損益とは、経常的な経営活動から生じる損益(収益ー費用)、すなわち、営業損益(営業利益または営業損失)に営業外収益を加えて得た額から営業外費用を減じて得た額をいう。
  4. 損益計算書―経常損益―営業損益

    営業損益とは、営業活動から生じる営業利益と営業損失の総称をいう。売上総利益から販売費及び一般管理費を差し引いて利益となった場合は営業利益、損失となった場合は営業損失となる。
  5. 損益計算書―経常損益―営業損益―営業収益

    営業収益とは、営業活動から生じる収益をいう。
  6. 損益計算書―経常損益―営業損益―営業収益―売上高

    売上高とは、売上勘定(収益)の損益計算書上の区分表示をいう。なお、損益計算書では「売上高」という用語を用いるが、帳簿上は「売上」と記帳するのが一般的である。
  7. 損益計算書―経常損益―営業損益―営業費用

    営業費用とは、営業活動から生じる費用をいう。
  8. 損益計算書―経常損益―営業損益―営業費用―売上原価

    売上原価とは、損益計算書の区分表示のひとつで、商品・製品・サービスの販売・製造のための費用であり、売上高に対応する商品等の仕入原価・製造原価・役務原価をいう。
  9. 損益計算書―経常損益―営業損益―営業費用―売上原価―仕入原価(原価)

    仕入原価とは、通常の営業で販売する商品の買い値をいう。
  10. 損益計算書―経常損益―営業損益―営業費用―売上原価―製造原価

    (複製)製造原価とは、製品を製造するために要した費用をいう。
  11. 損益計算書―経常損益―営業損益―営業費用―売上原価―役務原価

    役務原価とは、損益計算書上の表示科目として、サービス業において、販売業の仕入原価に相当する費用をいう。
  12. 損益計算書―経常損益―営業損益―段階利益①―売上総利益(粗利・粗利益)

    売上総利益とは、マクロでは、売上高から仕入原価などの売上原価を控除して得られる利益をいう。また、ミクロでは、売価から仕入原価などを控除して得られる利益をいう。
  13. 損益計算書―経常損益―営業損益―営業費用―販売費及び一般管理費

    販売費及び一般管理費とは、損益計算書の区分表示のひとつで、営業活動に要した費用のうち、売上原価以外で、会社の販売と一般管理業務に関して発生したすべての費用をいう。
  14. 損益計算書―経常損益―営業損益―営業費用―販売費及び一般管理費―販売費

    販売費とは 販売費の定義・意味・意義 販売費とは、販売費及び一般管理費のうち、商品・製品の販売部門で生じた費用、つまり販売のためにかかるコストをいう。 販売費の位置づけ・体系(上位概念) 販売費及び一...
  15. 損益計算書―経常損益―営業損益―営業費用―販売費及び一般管理費―一般管理費

    一般管理費とは 一般管理費の定義・意味・意義 一般管理費とは、販売費及び一般管理費のうち、総務・経理など全般的な管理部門で生じた費用、つまり事務所の維持などのためにかかるコストをいう。 販売費の位置づ...
  16. 損益計算書―経常損益―営業損益―段階利益②―営業利益

    営業利益とは、損益計算書の区分表示のひとつで、売上総利益(売上高-売上原価)から販売費及び一般管理費(経費※)を差し引いて得られる利益をいう。
  17. 損益計算書―経常損益―営業外損益

    営業外損益とは 営業外損益の定義・意味 営業外損益とは、会社の本来の営業活動以外によって生じる収益と費用をいう。 営業外損益の位置づけ 営業外損益は、営業損益とともに、損益計算書における経常損益を構...
  18. 損益計算書―経常損益―営業外損益―営業外収益

    営業外収益とは、損益計算書の区分表示のひとつで、本来の営業活動以外(代表例は財務活動)から経常的に発生する収益をいう。
  19. 損益計算書―経常損益―営業外損益―営業外費用

    営業外費用とは、損益計算書の区分表示のひとつで、本来の営業活動以外から経常的に発生する費用をいう。
  20. 損益計算書―経常損益―段階利益③―経常利益

    経常利益とは、営業損益(営業利益または営業損失)に営業外損益(営業外収益と営業外費用)を加減して得られる利益をいう。
  21. 損益計算書―特別損益

    特別損益とは、経常的ではなく臨時的・突発的に生じた収益と費用をいう。
  22. 損益計算書―特別損益―特別利益

    特別利益とは、損益計算書の区分表示のひとつで、営業活動以外から、経常的ではなく臨時的・突発的に発生する収益をいう。
  23. 損益計算書―特別損益―特別損失

    特別損失とは、損益計算書の区分表示のひとつで、営業活動以外から、経常的ではなく臨時的・突発的に発生する費用(損失)をいう。
  24. 損益計算書―段階利益④―税引前当期純利益(税引前利益・税引前当期利益)

    税引前当期純利益とは、損益計算書の区分表示のひとつで、経常利益に特別利益を加え、これから特別損失を控除して得られる利益で、法人税等の税金を控除する前のものをいう。
  25. 損益計算書―法人税等

    法人税等とは、損益計算書の表示科目のひとつで、確定した法人税、住民税(法人住民税。道府県民税および市町村民税)、一部の事業税(所得割)の税額をいう。
  26. 損益計算書―段階利益⑤―当期純利益

    当期純利益とは、税引前当期純利益から法人税等(法人税・住民税・一部の事業税)を控除し、さらに税効果会計を適用して法人税等調整額で調整をしたあとに残る最終的な利益をいう。


関連コンテンツ

「損益計算書の区分表示と表示科目」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「損益計算書の区分表示と表示科目」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー