[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 貸借対照表(純資産)の区分表示と表示科目など(法人・個人)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

貸借対照表(純資産)の区分表示と表示科目など(法人・個人)

「貸借対照表(純資産)の区分表示と表示科目など(法人・個人)」カテゴリのコンテンツ

貸借対照表(純資産)の区分表示と表示科目など(法人・個人)」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 22 ページあります。

  1. 貸借対照表―純資産

    純資産とは、貸借対照表で資産の部の合計額から負債の部の合計額を控除した金額をいう。
  2. 貸借対照表―純資産―区分表示

    純資産の部の区分表示 純資産は、貸借対照表上で負債とともに貸方に記載される。 そして、株主に帰属することが明確な株主資本と、株主資本以外の項目に区分される。 貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基...
  3. 貸借対照表―純資産―資本(会計上の資本)(純資産・自己資本・株主資本)

    資本(しほん)とは、貸借対照表で、資産や負債のように実体のあるものではなく、資産の総額から負債の総額を差し引いた額と定義される。また、損益計算書で資本をみると、資本は、事業に投下された会社設立時の出資額(元手)とその後の利益の額との合計となる。
  4. 貸借対照表―純資産―資本―資本等式

    資本等式とは、貸借対照表における、「資産 - 負債 = 資本」の等式をいう。
  5. 貸借対照表―純資産―株主資本

    株主資本とは、株式会社と持分会社の資本金・資本剰余金・利益剰余金をいう。
  6. 貸借対照表―純資産―株主資本―資本金

    資本金とは、会社設立時や増資時の株主(出資者)からの払込金(出資金)をいう。
  7. 貸借対照表―純資産―株主資本―新株式申込証拠金

    新株式申込証拠金とは、期末(決算)時点で資本金に振り替えられていない新株式申込証拠金の貸借対照表上の表示科目をいう。
  8. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金

    剰余金とは、純資産の額のうち法定資本の額を超えた部分をいう。
  9. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―資本剰余金

    資本剰余金とは、資本取引から生じた剰余金をいう。
  10. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―資本剰余金―資本準備金

    資本準備金とは、会社法の規定により、資本の一部を積み立てたものをいう。
  11. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―資本剰余金―資本準備金―株式払込剰余金

    株式払込剰余金とは、株主が払込みをした額のうち、資本金として計上しないこととした額をいう。
  12. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―資本剰余金―その他資本剰余金

    その他資本剰余金とは、資本準備金以外の資本剰余金をいう。
  13. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―利益剰余金

    利益剰余金とは、損益取引から生じ、利益を源泉とする剰余金で、利益の留保額=内部留保をいう。
  14. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―利益剰余金―利益準備金

    利益準備金とは、会社法の規定により、利益の一部を積み立てたものをいう。
  15. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―利益剰余金―その他利益剰余金

    その他利益剰余金とは、利益準備金以外の利益剰余金をいう。
  16. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―利益剰余金―その他利益剰余金―任意積立金(任意準備金)

    任意積立金とは、法律とは関係なく、会社が定款の規定または株主総会の決議により任意に利益の一部を留保する準備金をいう。
  17. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―利益剰余金―その他利益剰余金―任意積立金の取り崩し

    任意積立金の取り崩しの取り扱い 任意積立金の取り崩しに関する会社法の規定 株主総会は、会社法に規定する基本的事項について意思決定をする必要的常置機関である。  会社法 (株主総会の権限) 第...
  18. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―利益剰余金―その他利益剰余金―任意積立金―別途積立金

    別途積立金とは、貸借対照表上の表示科目のひとつとして、目的を限定しない任意積立金をいう。
  19. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―利益剰余金―その他利益剰余金―繰越利益剰余金

    繰越利益剰余金とは、貸借対照表上の表示科目のひとつとして、その他利益剰余金のうち、決算日における当期純利益に、前期繰越利益(前期に利益処分されなかった繰越利益)と任意積立金の取崩し額を加算し、さらに剰余金の配当・配当に伴う利益準備金の積立て・任意積立金を減算して算出されるものをいう。
  20. 貸借対照表―純資産―株主資本―自己株式申込証拠金

    自己株式申込証拠金とは、期末(決算)時点で自己株式の処分の認識が行われていない自己株式申込証拠金(自己株式の処分の対価相当額)の貸借対照表上の表示科目をいう。
  21. 貸借対照表―純資産―評価・換算差額等

    評価・換算差額等とは 評価・換算差額等の定義・意味・意義 評価・換算差額等とは、その他有価証券評価差額金や繰延ヘッジ損益など、資産または負債に係る評価差額(時価評価に伴う含み損益)を当期の損益として処...
  22. 貸借対照表―純資産―新株予約権

    新株予約権とは、株主資本、評価・換算差額等と並ぶ、貸借対照表の純資産の区分表示・表示科目をいう。


関連コンテンツ

「貸借対照表(純資産)の区分表示と表示科目など(法人・個人)」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「貸借対照表(純資産)の区分表示と表示科目など(法人・個人)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー