転記 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

転記



転記とは 【posting】

転記の定義・意味・意義

転記とは、仕訳帳または会計伝票に記入されている仕訳総勘定元帳に記入して分類・集計する作業をいう。

仕訳帳または会計伝票を日付順に追っていけば、各勘定科目残高は明らかになる。

しかし、仕訳帳または会計伝票の中から特定の勘定科目だけを抜き出して計算・集計する作業は非常に煩雑である。

そこで、簿記では、仕訳帳または会計伝票のほかに勘定科目別の元帳を作成して、すべての取引勘定科目別に、そして発生順に記録していくが、この作業を転記という。

転記の分類・種類

転記は次の2つに大別される。

  1. 個別転記
  2. 合計転記



| 現在のカテゴリ:簿記―転記 |

現在のカテゴリ:簿記―転記

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 1 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「簿記―転記」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 転記


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:簿記―転記 の位置づけ

現在のカテゴリ:「簿記―転記」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー