機会原価 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

機会原価



機会原価とは 【opportunity cost】

機会原価の定義・意味・意義

機会原価とは、意思決定において、ある選択枝(オプション)を採用したときに、採用しなかった選択枝についての得べかりし利益をいう。

採用しなかった選択肢が複数ある場合は、 そのうち最も有利なものを採用した場合の利益が機会原価となる。

機会費用機会損失機会コスト、オポチュニティ・ コストともいわれる。

機会原価の趣旨・目的・機能

機会原価とは、簡単に言えば、ある行為を行うことにより放棄しなければいけない利益である。

経営判断においては、こうした目に見えないコストもトータルに把握する必要がある。

つまり、利益を享受できないという目に見えない原価損失として把握することで、意思決定の一助とするもので、意思決定会計の概念装置の一つである。



| 現在のカテゴリ:か行 |

現在のカテゴリ:か行

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「か行」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 買入債務
  2. 確定債務
  3. 掛買い(掛け買い)
  4. 掛売り(掛け売り)
  5. 関係法人株式等
  6. 機会原価
  7. キャッシュフロー
  8. 許容勘定科目表
  9. 銀行取引停止処分
  10. 金銭信託
  11. 原因関係
  12. 小切手



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:か行 の位置づけ

現在のカテゴリ:「か行」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー