掛売り(掛け売り) - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



掛売り(掛け売り)

掛売りとは

掛売りの定義・意味・意義

大量の取引が反復継続して行われる場合、その取引の都度、代決済をするのでは手続きが煩雑となる。

そこで、お互いの信用のもと、取引ごとに決済をすることをやめ、一定期間の売上をまとめて支払う約束で取引が行われる場合がある。

こうした取引を、簿記上では「(かけ)」という。

いわゆるツケである。

そして、売主の側からみたのことを、掛売りという。

掛売りの関連概念・用語

掛買い掛け買い

買主の側からは、掛買いという。

掛売りの会計簿記経理

会計処理方法・簿記・使用する勘定科目の例

掛売りにより発生する営業債権を処理するための勘定科目売掛金勘定である。



| 現在のカテゴリ:か行 |

現在のカテゴリ:か行

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「か行」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 買入債務
  2. 確定債務
  3. 掛買い(掛け買い)
  4. 掛売り(掛け売り)
  5. 関係法人株式等
  6. 機会原価
  7. キャッシュフロー
  8. 許容勘定科目表
  9. 銀行取引停止処分
  10. 金銭信託
  11. 原因関係
  12. 小切手


関連コンテンツ

現在のカテゴリ:か行 の位置づけ

現在のカテゴリ:「か行」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー