金銭信託 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

金銭信託



金銭信託とは

金銭信託の定義・意味・意義

金銭信託とは、委託者が受託者へ信託産として銭を譲渡し、受託者は信託産の運用によって生じた利益を受益者に配当するとともに、信託終了時には信託産を銭によって受益者に交付する信託をいう。

金銭信託の位置づけ・上位概念

金銭信託は、信託の一種である。

信託とは、「他人をして、一定の目的に従い産の管理・処分をさせるため、その者に産権を移すこと」(広辞苑)をいう。

この信託は、信託産が銭である銭の信託と、銭以外の信託とに大別される。

このうち、銭の信託は、さらに、信託終了時に信託産を銭に換価して交付する金銭信託と、銭に換価しないで交付する金銭信託以外の銭の信託(外信託)に分かれる。



| 現在のカテゴリ:か行 |

現在のカテゴリ:か行

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「か行」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 買入債務
  2. 確定債務
  3. 掛買い(掛け買い)
  4. 掛売り(掛け売り)
  5. 関係法人株式等
  6. 機会原価
  7. キャッシュフロー
  8. 許容勘定科目表
  9. 銀行取引停止処分
  10. 金銭信託
  11. 原因関係
  12. 小切手



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:か行 の位置づけ

現在のカテゴリ:「か行」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー