会計 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

会計



会計とは

会計の定義・意味など

広義の会計

会計(かいけい)とは、一般に、銭や物品の出納を、貨幣を単位として、記録、計算、管理することをいう。

狭義の会計

会計は、狭義では、企業会計を指す。

この意味での会計とは、簿記という技術により、貨幣によって企業活動を記録して、その成果である利益を計算して決算書を作成することで、企業政状態(資産)(→貸借対照表)と経営成績(損益)(→損益計算書)を明らかにし、これを投資家・債権者(銀行などの金融機関取引先)・務署などの利害関係者に報告する手続・技術・制度をいう。

利益とは、運用産である資本の増加部分をいう。

会計の目的・役割・意義・機能・作用など

1.利害関係者に政状態と経営成績を報告するため

前述のとおり、会計は、決算書を作成して企業政状態と経営成績を、投資家・債権者(銀行などの金融機関取引先)・務署などの利害関係者に報告することを目的とする(→財務会計務会計)。

務署

たとえば、会社の場合であれば、法人税の確定申告は、法人税申告書に、決算書類(会社法が規定する計算書類)を添付して務署に提出して行う。

法人税申告書も、確定決算主義といって株主総会で承認された決算書上の利益法人税の課のベースとし、これに法人税法特有の調整=申告調整を実施して、務上の利益所得を算出するしくみとなっている。

また、消費税法人住民税(市民と道府県民)、法人事業税などの申告書の作成・提出を行うためにも必要である。

2.自社・自分のため

主要決算書である貸借対照表損益計算書は、自社・自分の政状態と経営成績を把握するのに不可欠である(→管理会計)。

また、キャッシュフロー計算書により、収入と支出の状況を把握して、資金繰りを管理できる。

さらに、将来の事業計画書(経営計画書)を作成するための資料としても活用できる。

3.その他
決算書取引先への提出

取引を新たに始める場合は、取引先から決算書の提出を求められる場合がある。

金融機関への提出

銀行などの金融機関から融資借入れ)を受ける場合は、決算書の提出が求められる。

会計の特色・特徴(会計の本質・会計と簿記の違い)

期間損益計算

近代会計の特色は、継続企業を前提とした期間損益計算にある。

逆に言えば、継続企業が要求する複雑な期間損益計算を可能にするため、簿記は会計へと発展した。

会計と関係する概念

仕訳簿記経理

『世界一感動する会計の本です』(著者 山田真哉)では、仕訳簿記、会計、経理などという用語の使い分けについて、次のように記述されており、わかりやすい。

…「仕訳」という素材をもとに、「簿記」の技術を使って「決算書」を作るのが「会計」業務であり、それを実行するのが「経理」担当者…

決算

決算とは、毎日の会計処理をまとめて、決算書貸借対照表損益計算書など)を作成することをいう。

決算書を作成することが会計の目的である。

会計の分類・種類

会計は、次の2つに大別される。



| 現在のカテゴリ:会計 |

現在のカテゴリ:会計

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 16 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「会計」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 会計
  2. 会計―特色―継続企業の前提(ゴーイングコンサーン)
  3. 会計―特色―継続企業の前提―継続企業
  4. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益計算
  5. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益計算―会計期間(事業年度・年度)
  6. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益計算―会計期間―分類―期首
  7. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益計算―会計期間―分類―期中
  8. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益計算―会計期間―分類―期末(決算日)
  9. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益計算―会計期間―関係概念―会計年度
  10. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益
  11. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益計算―非期間損益
  12. 会計―企業会計
  13. 会計―企業会計―分類―制度会計
  14. 会計―企業会計―分類―制度会計―財務会計
  15. 会計―企業会計―分類―制度会計―税務会計
  16. 会計―企業会計―分類―管理会計



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:会計 の位置づけ

現在のカテゴリ:「会計」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー