事業―損益―利益 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

事業―損益―利益



利益とは

利益の定義・意味・意義

資本主義とは、貨幣に代表される資本(つまり、産)を元手として、事業市場経済)に投下して資本を自己増殖させる仕組みである。

利益とは、この資本の増加部分をいい、まさに資本主義が目的とするところのものである。

そして、利益を効率的に獲得するためのしくみとして考案されたのが企業ないしは会社である。

なお、法上利益に相当する概念は課税対象としての所得である。

法人税法上の所得

会計上の利益と法人税法上の所得の違い

利益の計算式・公式―利益計算

企業会社等は、資本主義のもと、市場経済から利益・利潤を調達することを目的とする。

会計は、この企業会社等の利益を明らかにして、これを投資家・債権者・務署などの利害関係者に報告するための手続きである。

そして、その報告のために作成されるのが、貸借対照表損益計算書に代表される決算書である。

貸借対照表損益計算書のそれぞれで、利益は異なった観点から計算されることになる。

貸借対照表の利益計算

利益は、「資本の増加部分」と定義されるので、貸借対照表の利益は、次の算式で計算される。

利益 = 期末資本 - 期首資本

損益計算書の利益計算

しかし、貸借対照表の利益計算だけでは、利益をどのようにして獲得したのかが明らかとはならない。

そこで、損益計算書の利益は、次の算式で計算される。

利益 = 収益 - 費用売上原価経費

なお、所得法では、所得額は、原則として収入金額から必要経費を控除することで計算される。

所得額 = 収入金額必要経費売上原価を含む)

また、法人税法では、所得額は次の計算式・公式で算定・算出される。

所得額 = 益金の額 - 損金の額

会計
所得法人税
目的とするもの 利益 所得 所得
利益・所得の計算方法 利益=収益費用 所得収入金額必要経費 所得益金損金

利益の趣旨・目的・役割・機能

明確に数字化・数値化された「利益」という具体的な目標が設定された(目標が「見える化」された)ことが資本主義発達の原動力になったと評価できる。

利益の分類・種類

利益は、次の5つの種類に分類される。

  1. 売上総利益売上売上原価
  2. 営業利益売上総利益販売費及び一般管理費
  3. 経常利益営業利益営業外収益営業外費用
  4. 税引前当期純利益経常利益特別利益特別損失
  5. 当期純利益税引前当期純利益-(法人税住民税事業税等)



| 現在のカテゴリ:基本概念 |

現在のカテゴリ:基本概念

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 14 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「基本概念」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 会社財産
  2. 事業
  3. 事業―損益
  4. 事業―損益―利益
  5. 事業―損益―利益―収益
  6. 事業―損益―利益―費用
  7. 事業―損益―利益―費用―分類―変動費
  8. 事業―損益―利益―費用―分類―固定費
  9. 事業―損益―利益―費用―内容―売上原価(仕入)
  10. 事業―損益―利益―費用―内容―経費(必要経費)
  11. 事業―損益―利益―費用―内容―経費(必要経費)―範囲・具体例
  12. 事業―損益―利益―費用―内容―経費(必要経費)―会計処理
  13. 事業―損益―損失
  14. 経理



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:基本概念 の位置づけ

現在のカテゴリ:「基本概念」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー