変動損益計算書―限界利益率 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


変動損益計算書―限界利益率


限界利益率とは

限界利益率の定義・意味・意義

限界利益率とは、変動損益計算書において、売上高に占める限界利益(=売上高変動費)の比率・割合をいう。

限界利益率の算定・算出・計算方法

計算式・公式

限界利益率は、次の計算式で算定・算出する。

限界利益率 = 限界利益売上高

限界利益率の見方・読み方・解釈の仕方

売上高が1単位増えると利益がどれだけ増えるか

限界利益は、売上高から変動費を差し引いて算出する。

変動損益計算書の書式・様式
変動損益計算書
売上高 ××××
変動費 ××××
限界利益 ××××
固定費 ××××
利益 ××××

したがって、限界利益固定費利益から構成されることになる(上図参照)。

そこで、「限界利益率 = 限界利益売上高」は次のように書き換えることができる。

限界利益率=(固定費利益)/売上高

上式において、固定費売上高に関係なく一定であり、売上高に比例して増減するのは利益だけである。

つまり、限界利益率は売上高が1単位増えると、利益がどれだけ増えるかということを表していることになる。

限界利益売上高などの増減に伴って変動するので、限界利益は率(割合)で捉えるわけである。

なお、これに対して、固定費売上高などの増減には無関係で常に一定額なので、率(割合)ではなく、額で捉えることになる。

限界利益率と関係・関連する概念

類似概念
変動費率

限界利益と同様に、変動費売上高などの増減に伴って変動するので、率(割合)で捉える(→変動費率)。

ただし、限界利益率と変動費率とは相反関係にある。

したがって、効率的な利益の獲得のためには、限界利益率を上げ、変動費率を下げる工夫・努力が必要となる。



| 現在のカテゴリ:管理会計の基本―変動損益計算書 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 8 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「管理会計の基本―変動損益計算書」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 変動損益計算書
  2. 変動損益計算書―変動費
  3. 変動損益計算書―固定費
  4. 変動損益計算書―限界利益(付加価値)
  5. 変動損益計算書―限界利益率
  6. 変動損益計算書―変動費率
  7. 変動損益計算書―損益分岐点売上高(損益分岐点)
  8. 変動損益計算書―労働分配率



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:管理会計の基本―変動損益計算書 の位置づけ

現在のカテゴリ:「管理会計の基本―変動損益計算書」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー