変動損益計算書―損益分岐点売上高(損益分岐点) - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

変動損益計算書―損益分岐点売上高(損益分岐点)



損益分岐点売上高とは 【break-even point

損益分岐点売上高の定義・意味・意義

損益分岐点売上高とは、売上高費用の額が等しくなる売上高をいう。

管理会計で使用される概念である。

単に、損益分岐点と呼ばれることもある。

損益分岐点売上高の算定・算出・計算方法

損益分岐点売上高は、次の計算式で算定・算出する。

損益分岐点売上高 = 固定費限界利益率

損益分岐点売上高の見方・読み方・解釈の仕方

売上高が損益分岐点売上高より少なければ損失が生じ、売上高が損益分岐点売上高より多ければ利益が生じる。

つまり、損益分岐点売上高は、固定費を支払うために最低限稼がなければならない(最低固定費だけはカバーできる)売上額である。

したがって、損益分岐点売上高が低い会社ほど、収益性が高いことを意味する。

損益分岐点売上高と関係・関連する概念

損益分岐点販売数量

損益分岐点販売数量とは、売上高費用の額が等しくなる販売数量をいう。

損益分岐点販売数量は、経営工学で使用される概念である。

損益分岐点売上高を下げる方法

損益分岐点売上高が低いほど、収益性が高いことを意味する。

したがって、企業利益をあげるには、損益分岐点売上高を下げるための経営努力が必要となってくるが、これには、次の2つの方向性がある。

  1. 固定費を削減すること
  2. 変動費を削減(変動費率を減少)し、限界利益率を上げること



| 現在のカテゴリ:管理会計の基本―変動損益計算書 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 8 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「管理会計の基本―変動損益計算書」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 変動損益計算書
  2. 変動損益計算書―変動費
  3. 変動損益計算書―固定費
  4. 変動損益計算書―限界利益(付加価値)
  5. 変動損益計算書―限界利益率
  6. 変動損益計算書―変動費率
  7. 変動損益計算書―損益分岐点売上高(損益分岐点)
  8. 変動損益計算書―労働分配率



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:管理会計の基本―変動損益計算書 の位置づけ

現在のカテゴリ:「管理会計の基本―変動損益計算書」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー