変動損益計算書―限界利益(付加価値) - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

変動損益計算書―限界利益(付加価値)



限界利益とは 【marginal profit

限界利益の定義・意味・意義

限界利益とは、決算書損益計算書費用変動費固定費に分類して、その構成を組み替えて表示した変動損益計算書において、売上高から変動費を差し引いたものをいう。

付加価値と呼ばれることもある。

変動損益計算書の書式・様式
変動損益計算書
売上高 ××××
変動費 ××××
限界利益 ××××
固定費 ××××
利益 ××××

限界利益の算定・算出・計算方法・計算の仕方

計算式・公式

限界利益は、次の計算式で算定・算出する。

限界利益=売上高変動費

限界利益の見方・読み方・解釈の仕方

売上高=限界利益+変動費

限界利益の計算式から次の計算式が導かれる。

売上高=限界利益+変動費

これは、売上高変動費と限界利益から構成されていることを意味する。

そして、限界利益を売上高で割ると限界利益率が算出される。

限界利益率=限界利益/売上高

限界利益=固定費利益

他方、限界利益は固定費利益から構成されることになる。

そして、固定費限界利益率で割ると損益分岐点売上高が算出される。

損益分岐点売上高固定費限界利益率

損益分岐点売上高では、限界利益=固定費となり、限界利益で何とか固定費だけは回収できることを意味する。

そして、損益分岐点よりもさらに売上高が増えると、限界利益で固定費を回収してさらに利益も獲得できることになる。



| 現在のカテゴリ:管理会計の基本―変動損益計算書 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 8 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「管理会計の基本―変動損益計算書」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 変動損益計算書
  2. 変動損益計算書―変動費
  3. 変動損益計算書―固定費
  4. 変動損益計算書―限界利益(付加価値)
  5. 変動損益計算書―限界利益率
  6. 変動損益計算書―変動費率
  7. 変動損益計算書―損益分岐点売上高(損益分岐点)
  8. 変動損益計算書―労働分配率



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:管理会計の基本―変動損益計算書 の位置づけ

現在のカテゴリ:「管理会計の基本―変動損益計算書」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー