[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 費用―販売管理費―さ行(せんーそ)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



費用―販売管理費―さ行(せんーそ)

「費用―販売管理費―さ行(せんーそ)」カテゴリのコンテンツ

販売費及び一般管理費に属する勘定科目です。「せん」から「そ」で始まるものを集めています。


費用―販売管理費―さ行(せんーそ)」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 8 ページあります。

  1. 専従者給与

    (複製)専従者給与とは 専従者給与勘定の定義・意味・意義 専従者給与とは、配偶者などの親族の従業員に支払う給与を管理するための個人事業主専用の勘定科目をいう。 なお、法人では、専従者として従業員を区別すること...
  2. 租税公課(公租公課)

    租税公課とは、租税と公課を処理する費用勘定をいう。このうち、租税とは、国税と地方税などの税金をいう。そして、公課とは、国・地方公共団体・その他団体などから課せられる会費・組合費・賦課金や交通反則金などの罰金などの負担金をいう。
  3. 租税公課―範囲・具体例

    租税公課勘定で処理をする範囲と具体例について。
  4. 租税公課―会計処理

    たとえば、収入印紙を購入したときは、租税公課勘定の借方に記帳して費用計上する。
  5. 租税公課―税務処理

    租税公課の税務・税法・税制上の取り扱い 企業会計上、会社が納付する税金等は、国税または地方税を問わず、租税公課勘定(費用勘定)などを使用して、費用として処理をすることができる。 ただし、税務上は、会計...
  6. 租税公課―税務―必要経費算入・損金算入の可否―所得税法上の取り扱い

    (複製)必要経費算入の可否 所得税法は、一定の租税公課については、必要経費算入を制限しています。 必要経費算入不可 次に掲げる租税公課は、必要経費に算入できません。 個人を対象として課税される租税公課罰課金(...
  7. 租税公課―税務処理―必要経費算入・損金算入の可否―法人税法上の取り扱い

    租税公課の法人税法上の取り扱い―損金算入の可否 法人税法上では、租税公課については原則として損金の算入を認めている。 ただし、一定の租税公課については、別段の定めにより、損金の額に算入しないこととされ...
  8. 損害保険料

    損害保険料とは、棚卸資産(商品)や事務所・店舗・工場・倉庫・機械などの事業用資産に対する、火災保険や自動車保険(自賠責保険・任意保険)などの掛け捨ての損害保険料を処理するための費用勘定をいう。



関連コンテンツ



「費用―販売管理費―さ行(せんーそ)」の位置づけ

現在のカテゴリ:「費用―販売管理費―さ行(せんーそ)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー