財とサービス―財(財貨・モノ) - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

財とサービス―財(財貨・モノ)



財とは

財の定義・意味・意義

とは、衣食住など人間の生活にとって効用がある有形なものをいう。

財の別名・別称・通称など

財貨

財は財貨ともいう。

また、モノとも通称される。

財と関係・関連する概念

対概念・対義語
サービス

無形なものをサービスという。

「財やサービス」「財・サービス」「財貨・サービス」等といった表現で対にして用いられることが多い。

なお、広義では無形なもの(サービス)も含めて財という。

財の位置づけ・体系

商品

売ることを目的に生産された財・サービス商品という。

つまり、商品とは市場カネで買うことができる財・サービスである。

カネで買うことができる財・サービスの範囲は拡大し続けてきた(商品経済貨幣経済の発達)。



| 現在のカテゴリ:基礎概念・基本概念 |

現在のカテゴリ:基礎概念・基本概念

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 7 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「基礎概念・基本概念」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 経済
  2. 経済―分類―実体経済(実物経済)
  3. 経済―分類―マネー経済
  4. 財とサービス―財(財貨・モノ)
  5. 財とサービス―サービス(用役・役務)
  6. フローとストック―フロー
  7. フローとストック―ストック



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:基礎概念・基本概念 の位置づけ

現在のカテゴリ:「基礎概念・基本概念」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー