外国為替 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

外国為替



外国為替とは

外国為替の定義

外国為替とは、通貨を異にする国際間の貿易や資本取引の際、現金を直接輸送することなく、為替手形などの信用手段によって決済する方法をいう。

なお、この為替手形自体を、外国為替と呼んでいる場合もある。

外国為替の意味・意義

外国為替は、必然的に、自国通貨と他国通貨(円とドルなど異なる通貨)を交換する、ということを意味する。

その交換比率が為替レート外国為替相場)である。

なお、為替レートを決定する制度には、次の2つの種類の制度があるが、1973年以降は、変動為替相場制(変動相場制)となっている。

  1. 固定為替相場制(固定相場制)
  2. 変動為替相場制(変動相場制)



| 現在のカテゴリ:資産運用―通貨 |

現在のカテゴリ:資産運用―通貨

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「資産運用―通貨」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 外国為替
  2. 外国為替―為替レート(外国為替相場)
  3. 外国為替―為替レートの変動要因
  4. 外国為替―為替レートの変動要因―具体例―円高・ドル安の場合
  5. 外国為替―為替レートの変動要因―具体例―円安・ドル高の場合
  6. 外国為替―スワップ金利



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:資産運用―通貨 の位置づけ

現在のカテゴリ:「資産運用―通貨」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー