外国為替―為替レートの変動要因―具体例―円安・ドル高の場合 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

外国為替―為替レートの変動要因―具体例―円安・ドル高の場合



円安とは

円安の定義・意味・意義

円安とは、円の対外的(国際的)な価値(つまり、購買力)が下落することをいう。

たとえば、1ドル=100円から、1ドル=120円になることが円安である。

逆に、この場合、ドルの立場からみると、ドルの価値が増大することになるので、ドル高ということになる(→円安・ドル高)。

円安の原因・理由・要因

円安の一般的原因・理由―需要供給の法則

変動為替相場制(変動相場制)のもとでは、為替レートは、通貨に対する需要供給の関係によって変動する。

したがって、円とドルなどの需要供給の関係(需給バランス)によって、為替レートが変動し、円高ドル安になったり、円安・ドル高になったりする。

円安の個別的要因―主に両国間の金利差またはインフレ率の差
両国間の金利差―金利平価説

円売り・ドル買いとは、つまり、円の所持者が銀行でドルを買うために、円を支払うことである。

では、どういう場合に円を支払わなければ(売らなければ)ならないかというと、それにはさまざまな要因が考えられ、また、諸説がある。

しかし、基本的には、為替レートは、両国間の金利差を反映して動くものといえる(=金利平価説)。

つまり、日本の金利がアメリカの金利より低い場合に、円でドルが買われるのである。

両国間のインフレ率の差―購買力平価説

また、このように為替レートは基本的には金利差によって調整されるという金利平価説のほか、インフレ率によって調整されるという説(=購買力平価説)もある。

まとめ

以上を含め円安の要因をリストアップすると、たとえば、次のようなものがある。

たとえば、日本の企業がアメリカから輸入をすると、その代はドルで支払う。そこで、円をドルに両替する(円を支払ってドルを買う)必要が出てくる。

円安の効果・効力

輸出増加

円安になると、日本からの輸出品は外国では割安になるということを意味する。

そのため、輸出が増加するので、輸出関連企業には有利となる。

輸入減少

円安になるということは、円の対外的な購買力が下落するということなので、輸入品の価格は高くなる。

そのため、輸入は減少するので、輸入関連企業には不利となる。

また、輸入品の価格が高くなると、物価が上昇する傾向になる。



| 現在のカテゴリ:資産運用―通貨 |

現在のカテゴリ:資産運用―通貨

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「資産運用―通貨」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 外国為替
  2. 外国為替―為替レート(外国為替相場)
  3. 外国為替―為替レートの変動要因
  4. 外国為替―為替レートの変動要因―具体例―円高・ドル安の場合
  5. 外国為替―為替レートの変動要因―具体例―円安・ドル高の場合
  6. 外国為替―スワップ金利



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:資産運用―通貨 の位置づけ

現在のカテゴリ:「資産運用―通貨」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー