貨幣・通貨(お金・カネ・マネー) - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)



貨幣とは

貨幣の定義・意味など

貨幣(かへい)とは、市場経済において商品を交換する媒介物であり、次の3つの機能をもったものとして定義される。

  1. 価値尺度手段
  2. 交換手段
  3. 価値貯蔵手段

次の「貨幣の機能」で詳述。

貨幣の目的・役割・意義・機能・作用など

上述のように、貨幣には、次の3つの機能がある。

基本的機能 価値尺度手段 商品の価値を測定する基準となる機能
交換手段 商品の交換を仲立ち・媒介する機能
派生的機能 価値貯蔵手段 経済的価値・富を蓄える機能

なお、これに、貨幣の派生的機能として、支払手段と世界貨幣を加えて、全部で5つの機能があるとする場合などもある。

これらの機能をすべて持ち合わせているのはだけである。

参考

紀元前4千年、すなわち、今から6千年以上前、メソポタミアの地に世界最古の都市であるテル・ブラクが誕生した。

その原動力となったものが「お金」であった。

この古代都市には現代社会を生み出した経済システム(市場経済資本主義)の原型があった。

お金は人間の脳そのものを変え、現代文明を築く原動力となった、と言う。

お金により人間が手に入れたのは、都市であり、職業であり(価値尺度手段交換手段市場経済)、そして、未来を紡ぐ力(価値貯蔵手段資本主義)であったと言う。

NHKスペシャル ヒューマン なぜ人間になれたのか(4)そしてお金が生まれた 2012年2月26日放送

1.価値尺度手段

価値尺度とは、貨幣が商品サービス)の交換価値を測定するための基準となる機能をいう。

2.交換手段

交換手段とは、貨幣が商品サービス)の交換を仲立ち・媒介する機能をいう。

3.価値貯蔵手段

価値貯蔵手段とは、貨幣が経済的価値・富を蓄える機能をいう。

貨幣の分類・種類

邦貨

本来、貨幣は、貨のような額面価値と素材価値が一致する本位貨幣を意味した。

また、日本の法令上では、貨幣は補助貨幣としての硬貨を指す。

ただし、経済学上、広義の貨幣は、次のように分類できる(例)。

貨幣 現金通貨 紙幣 政府紙幣 M1 M2 M2CD
日本銀行券(中央銀行券)
補助貨幣 硬貨
預金通貨 要求払い預金 普通預金当座預金通知預金など
準通貨 定期性預金 定期預金定期積金
CD 譲渡性預金

日本で、実際に流通している紙幣は、日本銀行券だけである。

外貨

貨幣の類似概念

同義概念・同義語
通貨

通貨とは、経済学では(狭義では)、一定の制度のもとに流通する貨幣をいう。

しかし、現在、貨幣と通貨は、一般的にはほとんど区別なく使用されている。

つまり、通貨は広義では貨幣と同義。

三省堂 『スーパー大辞林』、小学館 『日本国語大辞典』など



| 現在のカテゴリ:貨幣・通貨 |

現在のカテゴリ:貨幣・通貨

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 23 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「貨幣・通貨」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)
  2. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―機能―①価値尺度手段
  3. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―機能―②交換手段(流通手段)
  4. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―機能―③価値貯蔵手段
  5. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―機能―④支払手段(決済手段)
  6. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―機能―④支払手段(決済手段)―決済
  7. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―機能―④支払手段(決済手段)―決済―具体例―為替
  8. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―機能―④支払手段(決済手段)―決済―具体例―為替―振込
  9. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―機能―④支払手段(決済手段)―決済―具体例―為替―振替
  10. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―機能―④支払手段(決済手段)―決済―具体例―為替―クレジットカード
  11. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―機能―④支払手段(決済手段)―決済―具体例―為替―デビットカード
  12. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―分類―邦貨―現金通貨
  13. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―分類―邦貨―預金通貨
  14. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―分類―邦貨―準通貨
  15. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―分類―邦貨―CD(譲渡性預金)
  16. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―分類―外貨
  17. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―指標―①ハイパワードマネー(マネタリーベース・ベースマネー)
  18. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―指標―②通貨残高(マネーストック)(通貨供給量・マネーサプライ)
  19. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―指標―②通貨残高(マネーストック)(通貨供給量・マネーサプライ)―管理―金融政策と財政政策
  20. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―指標―②通貨残高(マネーストック)(通貨供給量・マネーサプライ)―問題点・課題―マネー経済
  21. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―指標―貨幣乗数(信用乗数)
  22. 通貨制度(貨幣制度)①―金本位制
  23. 通貨制度(貨幣制度)②―管理通貨制



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:貨幣・通貨 の位置づけ

現在のカテゴリ:「貨幣・通貨」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー