[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 商品売買―特殊商品売買―試用販売

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



商品売買―特殊商品売買―試用販売

「商品売買―特殊商品売買―試用販売」カテゴリのコンテンツ

試用販売の会計処理について取り扱う。


商品売買―特殊商品売買―試用販売」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 4 ページあります。

  1. 試用販売

    試用販売とは、商品を購入者に一定期間実際に試用してもらい、その後買い取るか否かを決定してもらう商品売買の形態をいう。
  2. 試用販売―①試送

    試送とは、試用販売のため商品(試用品)を発送することをいう。
  3. 試用販売―②買取りの意思決定―試用品の買取りの意思表示

    試用者が買取りの意思表示をしたときは、通常は一般の売上と区別するため、買取りの意思表示があった試用品の売価を試用品売上勘定の貸方に記帳して収益計上するとともに、売上原価の計上(手許商品区分法による場合)または備忘記録の取消し(対照勘定法による場合)の会計処理を行う。
  4. 試用販売―②買取りの意思決定―試用品の返送

    手許商品区分法による場合、試用品が返送されたときは、返送された試用品の原価を試用品勘定から仕入勘定に振り替える。対照勘定法による場合、試用品が返送されたときは、返送された試用品の売価の対照勘定を賃借逆にして、備忘記録を取り消す。



関連コンテンツ



「商品売買―特殊商品売買―試用販売」の位置づけ

現在のカテゴリ:「商品売買―特殊商品売買―試用販売」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー