[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 預金―当座預金

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



預金―当座預金

「預金―当座預金」カテゴリのコンテンツ

預金―当座預金」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 7 ページあります。

  1. 当座預金

    (複製)当座預金とは、当座預金、すなわち、銀行との当座契約にもとづく預金(自由に資金の出し入れができる、無利息の預金)を処理するための資産勘定をいう。
  2. 当座預金―当座借越(当座貸越)

    当座借越とは、当座借越契約にもとづき、当座預金残高を越えて認められた小切手の振出の金額をいう。
  3. 当座預金―当座借越―当座借越契約(当座貸越契約)

    当座借越契約とは、あらかじめ約定した限度額(借越限度額)の範囲内で、当座預金残高が不足する場合であっても自動的に融資が実行されることで、当座預金残高を超えた小切手の振出が認められる銀行との契約をいう。
  4. 当座預金―当座借越―会計処理―二勘定制

    二勘定制とは、当座借越契約にもとづく当座借越(当座預金残高を越えて認められた小切手の振出の金額)を当座預金勘定(資産)と当座借越勘定(負債)の2つの勘定科目を用いて処理をする方法をいう。
  5. 当座預金―当座借越―会計処理―一勘定制

    一勘定制とは、当座借越契約にもとづく当座借越(当座預金残高を越えて認められた小切手の振出の金額)を当座勘定のみを用いて処理をする方法をいう。
  6. 当座預金の修正―銀行勘定調整表

    銀行勘定調整表とは 銀行勘定調整表の定義・意味・意義 当座預金では、その帳簿上の残高(当座預金勘定または当座預金出納帳)と、銀行の預金残高(銀行が発行する当座預金口座の残高証明書)とは、本来一致するは...
  7. 当座預金の修正―銀行勘定調整表―未取付小切手(未呈示小切手・未落小切手)

    未取付小切手(未呈示小切手・未落小切手)とは未取付小切手(未呈示小切手・未落小切手)の定義・意味・意義未取付小切手(未呈示小切手・未落小切手)とは、会社が、 小切手を振り出し、帳簿上出金処理を行ったが...



関連コンテンツ



「預金―当座預金」の位置づけ

現在のカテゴリ:「預金―当座預金」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー