リース会計 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

リース会計



リース会計とは

リース会計の定義・意味

リース会計とは、リースファイナンスリースオペレーティングリースに分けた上で、前者は売買、後者は賃貸借に準じて処理をする会計処理をいう。

このうち、ファイナンス・リースとは、リース期間中に事実上解約できない(中途解約をした場合にペナルティを支払うこととされているため)リース取引をいい、オペレーティング・リースとは、ファイナンスリース以外のリース取引をいう。

リース会計の目的・趣旨・機能

リースにすることで貸借対照表資産計上しないこともできる(オフバランス。ただし、脚注表示は必要)ため、ROAを改善できる。

さらに、管理事務を削減できることや資金調達方法の一つとして、また、務上メリットがあることなどからもリースが利用される。

リース会計に関する企業会計原則の規定

リース会計基準

リース取引会計経理処理



| 現在のカテゴリ:ら行 |

現在のカテゴリ:ら行

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 1 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「ら行」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. リース会計


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:ら行 の位置づけ

現在のカテゴリ:「ら行」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー