[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 商品売買―一般商品売買―値引・返品・割戻・割引

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



商品売買―一般商品売買―値引・返品・割戻・割引

「商品売買―一般商品売買―値引・返品・割戻・割引」カテゴリのコンテンツ

商品売買にあっては、販売した商品や仕入れた商品について、後日、値引・返品する場合、または、割戻(リベート)や割引(ディスカウント)が行われる場合がある。このカテゴリでは、こうした値引・返品・割戻・割引の会計処理について取り扱う。


商品売買―一般商品売買―値引・返品・割戻・割引」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 12 ページあります。

  1. 値引

    値引をした場合は、商品の販売時・仕入時の貸借反対仕訳をして売上・仕入を直接減額する方法(純額主義)と、値引の額を帳簿上で明らかにするために売上値引・仕入値引勘定を用いて処理する方法(総額主義)とがある。
  2. 値引―売上値引

    売上値引とは、販売側からみた値引をいう。
  3. 値引―仕入値引

    仕入値引とは、仕入側からみた値引をいう。
  4. 返品

    返品した場合は、商品等の販売時・仕入時の貸借反対仕訳をして売上・仕入を直接減額する方法(純額主義)と、返品の額を帳簿上で明らかにするために売上戻り・仕入戻し勘定を用いて処理する方法(総額主義)とがある。
  5. 返品―売上戻り(売上返品)

    売上戻りとは、販売側からみた返品をいう。
  6. 返品―仕入戻し(仕入返品)

    仕入戻しとは、仕入側からみた返品をいう。
  7. 割戻(リベート)

    割戻をした場合は、商品の販売時・仕入時の貸借反対仕訳をして売上・仕入を直接減額する方法(純額主義)と、割戻の額を帳簿上で明らかにするために売上割戻・仕入割戻勘定を用いて処理する方法(総額主義)とがある。
  8. 割戻―売上割戻

    売上割戻とは、販売側からみた割戻をいう。
  9. 割戻―仕入割戻

    仕入割戻とは、仕入側からみた割戻をいう。
  10. 割引(ディスカウント)

    割引はそれが利息としての性格を有することから値引・返品・割戻のように純額主義による会計処理は認められていないため、割引をした場合は、原則どおり総額主義により、割引額を、販売側では売上割引勘定(営業外費用)の借方に、仕入側では仕入割引勘定(営業外収益)の貸方に記帳して、割引額を帳簿上で明らかにする。
  11. 割引―売上割引

    売上割引とは、販売側からみた割引をいう。
  12. 割引―仕入割引

    仕入割引とは、販売側からみた割引をいう。



関連コンテンツ



「商品売買―一般商品売買―値引・返品・割戻・割引」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「商品売買―一般商品売買―値引・返品・割戻・割引」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー