[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): リース取引

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



リース取引

「リース取引」カテゴリのコンテンツ

リース取引の定義・分類やその会計処理について取り扱う。


リース取引」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 7 ページあります。

  1. リース取引(リース)

    リース取引とは、リース物件を所有者たる貸手(レッサー)が借手(レッシー)に対してリース期間に使用収益する権利を与え、借手は使用料(リース料)を支払う取引をいう。
  2. リース取引(リース)―分類―ファイナンス・リース取引

    ファイナンス・リース取引とは、リース取引のうち、リース期間の中途で契約を解除できず、借手がリース物件の経済的利益を実質的に享受することができるとともにリース物件の使用に伴って生じるコストを実質的に負担するものをいう。
  3. リース取引(リース)―分類―ファイナンス・リース取引―所有権移転ファイナンス・リース取引

    所有権移転ファイナンス・リース取引とは、ファイナンス・リース取引のうち、リース契約上の諸条件に照らしてリース物件の所有権が借手に移転すると認められるものをいう。
  4. リース取引(リース)―分類―ファイナンス・リース取引―所有権移転外ファイナンス・リース取引

    所有権移転外ファイナンス・リース取引とは、ファイナンス・リース取引のうち、リース契約上の諸条件に照らしてリース物件の所有権が借手に移転すると認められるもの以外のものをいう。
  5. リース取引(リース)―分類―オペレーティング・リース取引

    オペレーティング・リース取引とは、ファイナンス・リース取引以外のリース取引をいう。
  6. リース取引(リース)―会計・税務処理

    リース会計基準はリース取引の分類に応じて、異なる会計処理を定めている。また、リース取引については、会計上の取り扱いと税法上の取り扱いが異なるところがあるので注意を要する。
  7. リース取引(リース)―会計処理・税務処理―減価償却の方法

    (複製)リース期間定額法とは リース期間定額法の定義・意味・意義 リース期間定額法とは、リース資産について、その償却限度額を計算するという減価償却資産の償却方法をいう。 リース期間定額法の趣旨・目的・役割・機...



関連コンテンツ



「リース取引」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「リース取引」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー