[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): リース取引

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

リース取引

「リース取引」のコンテンツ[全 5 件]

  1. リース(リース取引)

    リース(リース取引)とは リース(リース取引)の定義・意味・意義 リース(リース取引)とは、特定の物件の所有者たる貸手(レッサー)が、当該物件の借手(レッシー)に対し、合意された期間にわたりこれを使用...
  2. リース(リース取引)―ファイナンスリース

    ファイナンスリースとは ファイナンスリースの定義・意味・意義 ファイナンスリース(ファイナンスリース取引 ファイナンス・リース)とは、リース取引のうち、次の2つの要件・条件をみたすものをいう。 リース...
  3. リース(リース取引)―ファイナンスリース―所有権移転外ファイナンスリース(所有権移転ファイナンス・リース取引)

    所有権移転外ファイナンスリースとは 所有権移転外ファイナンスリースの定義・意味・意義 所有権移転外ファイナンスリース(所有権移転ファイナンス・リース取引)とは、リース契約上の諸条件に照らしてリース物件...
  4. リース(リース取引)―会計経理処理方法・簿記の記帳の仕方・使用する勘定科目等

    はじめに リース(リース取引)については、会計上の取り扱いと税務・税制上(法人税法上)の取り扱いが異なるので注意を要する。   リース(リース取引)の会計上の取り扱い―企業会計基準(リース会...
  5. リース(リース取引)―会計経理処理方法・簿記の記帳の仕方・使用する勘定科目等―減価償却の方法

    (複製)リース期間定額法とは リース期間定額法の定義・意味・意義 リース期間定額法とは、リース資産について、その償却限度額を計算するという減価償却資産の償却方法をいう。   リース期間定額法の趣旨・...


関連コンテンツ



「リース取引」の位置づけ

現在のカテゴリ:「リース取引」の位置づけは以下のとおりです。

上のカテゴリ


前後のカテゴリ

プリバシーポリシー