[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 商品売買―特殊商品売買―割賦販売

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

商品売買―特殊商品売買―割賦販売

「商品売買―特殊商品売買―割賦販売」カテゴリのコンテンツ

商品売買―特殊商品売買―割賦販売」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 5 ページあります。

  1. 割賦販売

    割賦販売とは割賦販売の定義・意味・意義 割賦販売とは、商品の販売代金を月賦など分割払いの契約により回収する販売方法をいう。     割賦販売の会計・簿記・経理会計処理方法・簿記の...
  2. 延払条件付販売

    延払条件付販売とは 延払条件付販売とは、販売代金を2年以上の期間にわたって3回以上に分割して回収するなど税法上の一定の要件を満たした長期の割賦販売をいう。 所得税法で延払条件付販売等、法人税法で長期割...
  3. 割賦売上・割賦売掛金

    割賦売上・割賦売掛金とは 割賦売上・割賦売掛金とは、割賦販売において、収益の認識基準として販売基準を採用した場合に用いられる勘定科目。 割賦販売においては、通常の販売形態よりも貸し倒れの危険性が高いこ...
  4. 割賦販売売掛金(割賦販売未収金)・割賦仮売上

    割賦販売売掛金(割賦販売未収金)・割賦仮売上とは 割賦販売売掛金(割賦販売未収金)・割賦仮売上とは、割賦販売において、収益の認識基準として回収基準(対照勘定法)を採用した場合に用いられる勘定科目。 割...
  5. 割賦販売―売上計上時期(収益の認識基準・期間帰属)

    (複製)割賦販売の場合の売上計上時期(収益の認識基準・期間帰属) はじめに 損益計算書では、継続企業を前提にして、会計期間を区切り、その期間の計算をするので、収益と費用の計上時期=認識基準(期間帰属)の問題は...


関連コンテンツ

「商品売買―特殊商品売買―割賦販売」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「商品売買―特殊商品売買―割賦販売」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー