[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 商品売買―特殊商品売買―委託販売・受託販売

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

商品売買―特殊商品売買―委託販売・受託販売

「商品売買―特殊商品売買―委託販売・受託販売」のコンテンツ[全 6 件]

  1. 委託販売と受託販売

    委託販売・受託販売とは 委託販売・受託販売の定義・意味・意義 委託販売とは、商品の販売を代行する他社に、自社の商品の販売を委託して、委託先が販売した分だけ代金を回収する※販売方法をいう。 ※委託先で売...
  2. 積送品

    積送品とは 積送品とは、遠隔地の第三者に商品・製品の販売を委託した場合(委託販売)に、商品・製品を受託者に発送したときに使用する勘定科目をいう。 手元にある商品と区別して、その受け払い及び残高を管理...
  3. 売上計算書(仕切精算書)

    売上計算書(仕切精算書)とは 売上計算書の定義・意味・意義 売上計算書とは、委託販売において、受託者が委託品(受託品)を販売した場合に、その販売に関する計算を行い、委託者に報告するために送付する計算書...
  4. 委託販売―売上計上時期(収益の認識基準・期間帰属)

    (複製)委託販売の場合の売上計上時期(収益の認識基準・期間帰属) はじめに 損益計算書では、継続企業を前提にして、会計期間を区切り、その期間の計算をするので、収益と費用の計上時期=認識基準(期間帰属)の問題は...
  5. 受託販売

    受託販売とは 他社の商品の販売を委託された場合において(参照 委託販売)、委託者に対する債権(立替金)・債務(預り金)を管理するための勘定科目。 受託者は依頼されて商品の販売を行うが、商品販売により...
  6. 積送品売上・積送諸掛・積送売掛金(積送未収金)

    積送品売上・積送諸掛・積送売掛金(積送未収金)とは これらはすべて委託販売において委託者側の会計処理で使用する勘定科目。 積送品売上とは 委託販売による売上を一般の売上と区別して管理するための勘定科目...


関連コンテンツ



「商品売買―特殊商品売買―委託販売・受託販売」の位置づけ

現在のカテゴリ:「商品売買―特殊商品売買―委託販売・受託販売」の位置づけは以下のとおりです。

上のカテゴリ


前後のカテゴリ

プリバシーポリシー