[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 商品売買―特殊商品売買―委託販売・受託販売

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



商品売買―特殊商品売買―委託販売・受託販売

「商品売買―特殊商品売買―委託販売・受託販売」カテゴリのコンテンツ

委託販売(委託者側からみた場合)と受託販売(受託者側からみた場合)のそれぞれの会計処理について取り扱う。


商品売買―特殊商品売買―委託販売・受託販売」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 12 ページあります。

  1. 委託販売

    委託販売とは、商品の販売を他人に委託する商品売買の形態をいう。
  2. 委託販売―①積送

    積送とは、委託販売のため委託者が受託者に商品(委託品)を発送することをいう。
  3. 委託販売―①積送―委託品

    委託品とは、委託販売のため委託者が受託者に発送(積送)した商品をいう。
  4. 委託販売―②仕切精算書の受取り

    仕切精算書を受け取ったときに収益計上する場合、仕切精算書により委託販売にかかる収益と費用が確定することになる。したがって、委託者は仕切精算書を受け取ったときに収益・費用・利益等を計上する会計処理を行う。
  5. 委託販売―②仕切精算書の受取り―仕切精算書(売上計算書)

    仕切精算書とは、委託販売において、受託者が委託品を販売した場合に、その販売に関する計算を行い、これを委託者に報告するために作成する計算書をいう。
  6. 委託販売―③手取額の受取り

    委託者が受託者から手取額を受け取ったときは、積送売掛金(積送未収金または委託販売)勘定の貸方に記帳してこれを減少させる。
  7. 受託販売

    受託販売とは、商品の販売を他人に委託される販売形態をいう。
  8. 受託販売―①受託品の受取り

    受託者が委託者から受け取った受託品は自己の商品ではないので、受け取った受託品については会計処理(仕訳)は不要である。
  9. 受託販売―①受託品の受取り―受託品

    受託品とは、受託販売のため受託者が委託者から受け取った商品をいう。
  10. 受託販売―②受託品の販売

    受託者が受託品を販売した場合、自己の商品を販売したのではないので、売上計上はしない。
  11. 受託販売―③仕切精算書の作成

    受託者が仕切精算書(売上計算書)を作成したときは、受託販売勘定に計上されていない保管料等と販売手数料については受託販売勘定(資産)の借方に記帳して資産計上する。
  12. 受託販売―④手取額の送付

    受託者が委託者へ手取額を送付したときは、手取額を受託販売勘定(負債)の借方に記帳して減少させる。



関連コンテンツ



「商品売買―特殊商品売買―委託販売・受託販売」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「商品売買―特殊商品売買―委託販売・受託販売」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー