[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 貸倒れ

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

貸倒れ

「貸倒れ」のコンテンツ[全 6 件]

  1. 貸倒れ

    貸倒れとは、売上債権(売掛金・受取手形)、貸付金、未収入金(未収金)、立替金などの金銭債権が回収不能となり損失となることをいう。
  2. 貸倒れ―期中―貸倒損失の計上

    当期に発生した債権が期中に貸し倒れた場合は、貸倒損失勘定の借方に記帳して費用処理をするとともに、売掛金・不渡手形など資産勘定の貸方に記帳して減少させる。また、前期以前に発生した債権が期中に貸し倒れた場合、貸倒引当金の残高があるときは、貸倒引当金を取り崩す。貸倒引当金残高が不足するときはその不足分をさらに貸倒損失勘定で処理をする。
  3. 貸倒れ―期中―貸倒れ処理済み債権の回収

    貸倒れとして処理した債権を後日になって回収した場合は、貸倒れ処理をした会計期間の別により会計処理が異なる。
  4. 貸倒れ―期末―貸倒引当金の設定

    貸倒引当金の設定とは、決算において、債権の期末残高のうち次期以降貸倒れになることが予想される金額(=貸倒見積額)を見積もり、その金額を当期の費用として計上する処理をいう。
  5. 貸倒れ―期末―貸倒引当金の設定―洗替法

    (複製)洗替法とは、決算整理において、期末商品の評価で低価法を適用する場合と貸倒引当金の設定を行う場合の会計処理方法のひとつである。
  6. 貸倒れ―期末―貸倒引当金の設定―差額補充法

    差額補充法とは、前期の貸倒引当金の勘定残高がある場合における貸倒引当金の設定方法のひとつで、貸倒見積額と貸倒引当金の勘定残高の差額を繰り入れる方法をいう。


関連コンテンツ



「貸倒れ」の位置づけ

現在のカテゴリ:「貸倒れ」の位置づけは以下のとおりです。

上のカテゴリ


前後のカテゴリ

プリバシーポリシー