介護保険料 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


介護保険料


介護保険料とは

介護保険料の定義・意味など

介護保険料(かいごほけんりょう)とは、介護保険法にもとづく介護保険保険料をいう。

介護保険
保険料
第百二十九条  市町村は、介護保険事業に要する費用政安定化基拠出の納付に要する費用を含む。)に充てるため、保険料を徴収しなければならない。

介護保険料の分類・種類

介護保険は健康保険と同じく強制加入である。

介護保険料を支払わなければならない者=被保険者は40歳以上の者である。

そして、被保険者は65歳以上の第1号被保険者と、40歳以上65歳未満の第2号被保険者とに分類される。

第1号被保険者と第2号被保険者とでは、それぞれその保険料と徴収方法が異なる。

  1. 第1号被保険者の介護保険料
  2. 第2号被保険者の介護保険料

介護保険料の位置づけ・体系(上位概念等)

社会保険料

介護保険料は社会保険料のひとつである。

社会保険料は次のような種類に分類される。

介護保険料の会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

介護保険料の会計処理については、次のページを参照。

社会保険料の会計・簿記・経理上の取り扱い

介護保険料の務・法・制上の取り扱い

消費税の課・非課・免・不課(対象外)の区分

不課税取引課税対象外)

介護保険料は消費税の課税対象外である。



| 現在のカテゴリ:狭義の社会保険料―介護保険 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「狭義の社会保険料―介護保険」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 介護保険料
  2. 介護保険料―第1号被保険者の介護保険料
  3. 介護保険料―第2号被保険者の介護保険料



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:狭義の社会保険料―介護保険 の位置づけ

現在のカテゴリ:「狭義の社会保険料―介護保険」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー