[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


特殊商品売買


特殊商品売買とは

特殊商品売買の定義・意味

特殊商品売買とは、商品の引渡しと代の受払いが同時に行われず、それぞれ独自の売上仕入の計上基準や会計処理が採用される販売形態をいう。

例えば、一般的な売上の計上基準については、次のページなどを参照

売上高

認識基準―実現主義―販売基準(引渡基準)

なお、商品の引渡しと代の受払い(掛け内金などを含む)が同時に行われる販売形態を一般商品売買という。

特殊商品売買の種類・分類

特殊商品売買には、次のような種類がある。

特殊商品売買の種類・分類
種類
内容
予約販売 先に代を受け取り、その後商品を引き渡す販売形態
未着品売買 現物の商品ではなく、商品を引き取る権利を売買する販売形態
委託販売 他人に依頼して商品の販売を行う販売形態
受託販売 他人から依頼されて商品の販売を行う販売形態
割賦販売 の回収が分割で行われる販売形態
試用販売 商品を一定期間試用してもらい、その後買い取るかどうかを決定してもらう販売形態



現在のページのサイトにおける位置づけ

現在のページが属するカテゴリ内のページ一覧[全 4 ページ]

  1. 脱税
  2. 積立金
  3. 特殊商品売買
  4. 匿名組合

現在のページが属するカテゴリのサイトにおける位置づけ



プライバシーポリシー