[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


試用販売未収金(試用販売売掛金・試用販売契約)/試用仮売上(試用販売)


試用販売未収金/試用仮売上とは

試用販売未収金/試用仮売上の定義・意味など

試用販売未収金(しようはんばいみしゅうきん)/試用仮売上(しようかりうりあげ)とは、試用販売において、対照勘定法により試送した試用品売価備忘記録する一対の対照勘定をいう。

試用販売未収金/試用仮売上の別名・別称・通称など

試用販売売掛金・試用販売契約/試用販売

試用販売未収金は試用販売売掛金または試用販売契約、試用仮売上は試用販売などとも表記される。

『日商簿記2級 商業簿記 スピード攻略テキスト』 DAI-X出版、2004年、56項。

要は何となくでも内容がわかる名称であればいい。

試用販売未収金/試用仮売上の位置づけ・体系(上位概念等)

試用販売の会計処理方法

試用販売の会計処理方法には次の2つがある。

  1. 手許商品区分法
  2. 対照勘定法

試用販売未収金/試用仮売上勘定対照勘定法による場合に用いる勘定科目である。

試用販売未収金/試用仮売上の決算等における位置づけ等

試用販売未収金/試用仮売上は単なる備忘記録であり、貸借対照表上では相殺され表示されない。

試用販売未収金/試用仮売上の会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等
商品を試送したとき

対照勘定法による場合、商品を試送したときは、試用品売価試用販売未収金(または試用販売売掛金試用販売契約勘定試用仮売上(または試用販売勘定という一対の対照勘定を用いて備忘記録する。

『日商簿記2級 商業簿記 スピード攻略テキスト』 DAI-X出版、2004年、56項。

試用者が買取りの意思表示をしたとき

収益の計上

試用者が買取りの意思表示をしたときは、通常は一般の売上と区別するため、買取りの意思表示があった試用品売価試用品売上勘定貸方に記帳して収益計上する。

また、代については、この時点では受け取っていないので、売掛金勘定で処理する。

備忘記録の取消し

対照勘定法による場合、試用者が買取りの意思表示をしたときは、買取りの意思表示があった試用品原価対照勘定を賃借逆にして、備忘記録を取り消す。

『日商簿記2級 商業簿記 スピード攻略テキスト』 DAI-X出版、2004年、57項。

試用品が返送されたとき

対照勘定法による場合、試用品が返送されたときは、返送された試用品売価対照勘定を賃借逆にして、備忘記録を取り消す。

『日商簿記2級 商業簿記 スピード攻略テキスト』 DAI-X出版、2004年、58項。

取引の具体例と仕訳の仕方

商品を試送したとき

取引

試用販売のため、商品10万円(売価15万円)を試送した。

仕訳

借方科目
貸方科目
試用販売未収金 15万 試用仮売上 15万

試用者が買取りの意思表示をしたとき

取引

商品10万円(売価15万円)について、試用者から買取りの意思表示があった。

仕訳

借方科目
貸方科目
売掛金 15万 試用売上 15万
試用仮売上 15万 試用販売未収金 15万

試用品が返送されたとき

取引

試用者から試用品10万円(売価15万円)が返送された。

仕訳

借方科目
貸方科目
試用仮売上 15万 試用販売未収金 15万




現在のページのサイトにおける位置づけ

現在のページが属するカテゴリ内のページ一覧[全 10 ページ]

  1. 裏書義務見返/裏書義務(手形裏書義務見返/手形裏書義務)
  2. 割引義務見返/割引義務(手形割引義務見返/手形割引義務)
  3. 保証債務見返/保証債務
  4. 差入有価証券
  5. 貸付有価証券
  6. 保管有価証券
  7. 預り有価証券
  8. 借入有価証券
  9. 試用販売未収金(試用販売売掛金・試用販売契約)/試用仮売上(試用販売)
  10. 割賦販売未収金(割賦販売売掛金・割賦販売契約)/割賦仮売上(割賦販売)

現在のページが属するカテゴリのサイトにおける位置づけ



プライバシーポリシー